アドセンスで月収10万円を最短で達成するための戦略と記事の書き方

2016-04-25_165815

アドセンスブログで記事を書いてアクセスを集めることで報酬を発生させることができるようになります。

記事の書き方やアクセスを集めるためのネタ選びは色々な方法がありますが、最短で稼ぐためには「最短で稼ぐための戦略」が必要になります。

ただひたすらに記事の更新数をガツガツと上げていくことも重要ですが、いくつかの要素がカッチリとかみ合わなければブログの収益を上げていくことができません。

今回の記事では、アドセンスを使ったブログが最短で月収10万円を目指すために必要な戦略を、要素で分解してお話していきますね。

月収10万円達成に必要な記事数やアクセス数は?

まず第一に結論として挙げておきたいのが、「アドセンスは数字で管理できる」という部分になります。

アドセンスで月収10万円を達成するためにはアクセスを集めるために質の高い記事を書く、という考えかたも必要ですが、それらはもっと細かく言うと数字を見ることで達成する目安や感覚をつかみやすくなりますよ。

月収10万円までの具体的な数字は、おおかた以下が目安になると考えてもらえればOKですね。

  • 月間アクセス数: 30万アクセス
  • 月間PV数: 60万PV
  • アドセンス報酬: 日給3100円以上
  • 記事数: 100記事以上
  • 更新頻度: 1日2~3記事
  • アドセンスのクリック率: 1%前後

その他細かい仕様などもありますが、これらの数字の要素は必ず達成できるようにしたいですね。

では、順番に詳しく解説していきます。

月間アクセス・PV数

アクセス数は1人が1日に訪れた最初のぶんだけをカウントした数字、PVは同じ日に他のページも見た回数のことを指します。

そして、PV数はアクセス数の二倍、一人アクセスしたら2記事ぐらいは読んでもらいたいですね。

ブログには意識して内部リンク・関連記事を増やすことによってできるだけ多くのページを見てもらい、アドセンスもクリックしてもらえる機会を増やせるようにやっていくといいでしょう。

1日のアドセンス報酬

1日のアドセンス報酬は少なくとも3000円を達成したいですね。

最初の数記事はまだまだ報酬も上がっていかないのですが、すぐにアクセスを集められそうな記事を意識して量産することによって報酬やアクセスの底上げを図ることができます。

または、1日の報酬がそこまで乗らなくてもアクセスが爆発して日給1万円になることもあるので、積極的にアクセスの爆発も狙って行きたい所です。

更新頻度

もしもまだブログを始めたばかりの場合、毎日記事を書くのは大変かもしれません。

でも、早く稼ぎたいと思うのであれば1日1記事だけでも形にしてアップロードするクセをつけた方がいいですね。タイピングが遅ければタイピングの速度を上げることも必要です。

できれば毎日2~3記事を書くようにし、週末や休日を使ってコツコツ続けていくことが必要ですね。

最短で稼ぐためには最短でしっかりとした記事を書き上げるスキルもそれなりに必要です。

アドセンスのクリック率

ブログの収入源の要となるアドセンスブログはクリック率も重要です。

いくらアクセス数を稼いでいたとしても、クリック率が低い位置に広告を置いてしまっていたり、広告の種類を見づらいもの、反応しづらいものを置いてしまっていたりすると大きな機会損失になります。

おおむね毎日のクリック数を1%達成することができればアドセンスで稼ぐ上では問題ないので、達成できるように広告の配置を変更しておきましょう。

基本的には記事中に3つ配置することで1%のクリック率は達成できるので、1%前後出ていれば日当たりのアクセス数が1万を超えるまで、そこまでこだわらなくても良いポイントでもあります。

アドセンスブログで月収10万円稼ぐための戦略

月収10万円稼ぐための数字の条件を紹介しましたが、お次はそのために必要な記事の戦略についてお話していこうと思います。

ズバリ必要な条件は以下のものです。

  • 1記事1記事を意識して書く
  • 積極的に爆発を狙う
  • 何もしない日をつくらない
  • 作業時間以外の時間も活用する
  • 書くことに1日も早く慣れる
  • 他のブログも参考にする

1記事1記事を意識して書く

アクセスを集めるにあたり、まだ何の実績も運営期間のアドバンテージもないブログが開設当初に10万円を稼ぐためにはSEOでの検索が主なアクセス流入源になります。

そのため、ネタやキーワード選定能力を高めながらタイトルを洗練したものに仕上げ、アクセスの集まらない原因を一つでも排除していかなけれればなりません。

1記事を書き上げるまでに躓いたことは解決し、次の記事を書くときには今までの問題点を解決するぐらいの勢いで仕上げていきましょう。

積極的に爆発を狙う

タイトルをしっかりとしたものに仕上げることができたら、世間の需要に目を向けてみましょう。

積極的に爆発を狙うことでアクセスは大きく拾うことができますし、何より1日も早く稼ぐための必須条件にもなります。ブログの強さの底上げにも効果的です。

Yahooのトップニュースはもちろん、ライブドアニュースやスマホアプリのスマートニュースなどを併用して、速報で上がってきた記事にも目を向けてアクセスを先取りしていきましょう。

ちなみに私は、まだ稼げていない頃早起きして朝5時に速報記事を書くことをしていましたね。

何もしない日をつくらない

「今日は頑張ったからお休みしよう!」と思ってしまいがちですが、最初にどれだけ動けるかで稼げる可能性は大きく変わります。

最低でもブログで1記事は更新し、もしできなくてもネタ探しやタイトル組みなどできることは1日10分使ってでも習慣化し、記事を書くことに慣れていきましょう。

まずは手を動かすことが重要です。

作業時間以外の時間も活用する

「1日に作業時間が2時間しかありません!」となっても、作業時間は記事を書いてアップロードするまでの時間として使えますよね?

仕事の合間の休憩時間にネタを考えて、記事の大まかの流れぐらいはイメージできるはずです。

帰宅したら「あとはやるだけ」の状態にスムーズに行けるよう、上手な時間管理を行っていきましょう。

書くことに1日も早く慣れる

ブログを開設したての1記事目のクオリティと10記事目のクオリティは、もともと備えている文章力などによって異なりますが、特になにも改善されていない場合には注意が必要です。

  • タイトルに紐付いた情報を提供できているか?
  • 誰が読んでもわかりやすい内容と構成か?
  • 難しい言葉を使っていないか?
  • 自己満足の感想になっていないか?

これらを踏まえて、「もっと求められていそうな切り口でこの記事を相手にとどけるためにはどうすればいいかな?」ということを念頭に行動してみましょう。

タイピングスピードや文章の面白さも一緒に磨いていけるといいですね。

他のブログも参考にする

ネタのリサーチをする時、キーワードを入れてライバルサイトがどんな事を書いているのかチェックしていると思います。

ここでライバルの記事を見て、「うわ、これは自分では到底叶いそうにないな」と思うのではなく、「この記事よりも良い、訪問者の疑問を満たせる記事はどんな書き方があるかな?」と考えてみるといいですね。

見た目を見やすく改善するのもアリです。

また、人気ランキングの記事を見て、検索したキーワードに関する記事が上位に来ていたら需要があったと判断できるので、視点を変えてみるとライバルから多くのカンニングができるようになりますよ。

まとめ

ではでは、初月でアドセンスブログを使って月収10万円稼ぐための戦略についてお話していきました。

月収10万円をたどるまでの道筋は人によって大きく異なりますが、数字の要素はほぼほぼ誰もが同じ内訳になるでしょう。

ざっくりと言ってしまうと「しっかり学んで大量行動する」というひとことに尽きますが、せっかく形にできた一つひとつの行動をムダにしないためにも洗練して記事を書くことに励んでいきましょう。

「あとはやるだけ状態」になったのなら、残りは行動することだけです。

無料訓練施設へのご案内




いつも記事をご覧いただきありがとうございます。シェアしていただけると大変励みになりますのでよろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらのSNSでも活動しています!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

トップへ戻る