ブログのアクセスを安定させる記事ネタの選び方と書き方

この記事がゴミだと思ったら下に進んでください。ただ、もしも1ミリでもこの記事がお役に立てた場合には、シェアボタンを押して頂けると大変励みになります!

こんにちは。massyです。

ブログネタの選び方の1つに、安定記事というネタの狙い方が存在します。

安定ネタの特徴としては、1度記事を仕込んでしまえば安定的に長期間にわたって収益やアクセスをもたらしてくれる記事というものがあります。

最大のメリットは手がかからないところで、ブログの記事を更新しなくてもアクセスが安定されるところですね。

ブログに安定してアクセスを集めていきたい!という場合には今回の記事をチェックしてみてください!

安定記事のメリット・デメリットを知って効果的な運用を

安定記事を実践するにあたり、先にしておかなければいけないことがあります。

それは、

「ライバルが多く・安定してアクセスを集めるには条件がある」

ということです。

ライバルが多い

安定記事は、安定という言葉に惹かれて需要を得ようとキーワード戦略を練って勝負を仕掛けてくるサイトが沢山あります。

特に人生のイベントの中で回避できない行事だとか、(たとえば結婚式やお葬式)育児ママが気になって調べることなど(赤ちゃんが夜泣する時の原因)、安定して、かつ一生需要のあるようなものはすでにライバルが強い傾向にあります。

安定したアクセスを集めるには条件が必要

安定してアクセスを集めるには、

  • 安定した検索需要
  • 検索キーワードがあること
  • ライバルに勝てること

これらの要素が重要ですね。

とくにライバルに勝つことは必須なため、安定記事に最大限のアクセスを集めるためにはライバルよりもブログを強化していく必要があります。

そのため、速報記事などライバルの少ないネタから挑戦してブログを積極的に強くしていったほうが成功確率としては高めの傾向にあります。

また、安定したアクセスといっても
ひとケタ台の規模であれば
あまり意味をなしません。

物販アフィリエイトを入れるのならまだしも、アドセンスで収益を増やす場合にはある程度のアクセスが必要ですし、仕込むネタが物販アフィリエイトで都合よく紹介できるネタばかりとは限らないですからね。

つまり、安定ネタのメリットである安定した大きなアクセスや収益源を確保するためには、一定の需要が必要でライバルに勝たなければいけません。

なのでこれらのデメリットを攻略していく必要がある、という事になります。

しかし、攻略法は存在します。

では、安定ネタを選ぶ際に
狙うべきネタのアプローチについて
紹介していきます。

安定ネタになるもの、なりやすいもの

安定してアクセスを集めるためには、
人間の欲求を狙うというアプローチがやりやすいです。

もちろん芸能人やスポーツ選手を狙う方法もありますが、こういった形のものは総じて需要が大きいという特徴があります。

お金

人間であれば生活をしていくのにお金が必要なため、まず大きく検索されるネタですね。

ちなみに週刊誌の話題でお金の話題が含まれているのは、需要が狙えるためにネタの一部として扱っているという理由があるからです。

  • 新入社員の初任給
  • ○○業の年収
  • 芸能人年収ランキング
  • 意外に稼げる資格・仕事ランキング
  • 稼げるアルバイトランキング

などなど、検索の伸ばせるポイントはいくつも存在します。

健康

不健康でありたい人間はなかなか居ないと思うのですが、やはり需要があります。

  • 肩こり
  • 腰痛
  • 目の疲れ
  • 睡眠不足・不眠症
  • 美肌・美髪
  • 二日酔いの対策

などなど、人間がもつ「安全欲求」に根ざして検索需要が伸びる傾向にありますね。

また、リサーチはネットに終始するのではなく文献を読み漁ったり、自分の経験や対策法などを記事コンテンツの一部にすることで上位表示が見込みやすくなります。

安定記事では当たり前ですが、ライバルよりも上を行く記事を書きましょう。

人間関係

生きている以上、他の人との人間関係をクリアしなければいけません。

  • 会社の飲み会を断る方法
  • 話のネタに困らない話し方
  • 上司に気に入られる方法
  • 異性に好かれる方法
  • LINEで脈ありのサインを見る方法

など、相手が誰かと仲良くなろうとするとき、または離れたいと思う時に気になる情報にはどんなものがあるのか?と言う部分にフォーカスしてみるといいでしょう。

自分が困った時に思いついたネタをそのまま使うのも有効です。

自分が気になった事

自分が気になった視点を活かすことは、ライバルの少ない安定ネタを探す上でかなり有利な展開ができます。

ライバルが少なくて需要が多ければ、それだけ労力も抑えて稼ぐこともできる、ということですからね。

そしてこの方法は、普段の何気ないところから生まれてきたりするものです。

例えば…

ガソリンスタンドで軽油を軽自動車に入れる事故が多発

そもそも軽油って名前が不適切なのでは?

いや、それ以前の話として軽油ってなんでこんな紛らわしいネーミングなんだ??

軽油の名前の由来はなんだろう?

…と、このような形で日々の疑問を活かすといいです。

需要を見極めれば、他の人も同じようなことを気にして検索する可能性がある、ということだからですね。

このネタの発想法は概念的なものがありますが、とにかく自分が気にしたことはキーワードに起こして検索需要をチェックしてみる、という作業をしてみましょう。

まとめ

安定ネタはネタの特性上、多くのライバルが検索上位を独占しているところでもあります。

なかなかアクセスを集めるには攻略法が必要、というデメリットはありますが、それをデメリットだとは思わず挑戦できる姿勢があれば狙わない手はありません。

ブログが強くなればなるほど安定ネタにもアクセスが集まりやすくなるので、もしも不労所得化を本気で目指す場合には徹底的にネタを仕込んでしまってもいいですね。

コツコツやっていきましょう!

まっしー運営の”メルマガ作戦会議室”の詳細はこちら↓


この記事がゴミだと思ったら下に進んでください。ただ、もしも1ミリでもこの記事がお役に立てた場合には、シェアボタンを押して頂けると大変励みになります!

こちらのSNSでも活動しています!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

トップへ戻る