エックスサーバーの特徴や評判と申し込み手順・やり方の手順

こんにちは。massyです。

サーバーの意味と使い方について理解していますか?

自分だけのブログで好きなように情報を発信するためには、サーバーが必要不可欠になります。

そして、有料のものでもいくつか違いがあるので、使いやすさと価格のバランスの良い物を使っていく必要があります。

今回はブログに適したサーバーのオススメの選び方と、簡単にできる申し込み手順・やり方について紹介していきます。

サーバーとは?

サーバーとは言い換えてみればネット上にある土地のようなものです。

土地をレンタルすることで自分だけのサイトという建物を建てることができる、というわけですね。

サーバーを使う時にはお金を払ってレンタルし、借りたサーバーにブログを設置していくという流れになります。

サーバーは有料ですが、選び方にはちょっとしたコツが必要になります。

オススメのサーバーは?

サーバーの種類にはピンからキリまであり、
金額も様々です。

そして、ブログやネットで稼ごうと思った場合には

  • 通信が安定している
  • 価格が安すぎない
  • 設定や編集が簡単

これらのポイントを意識しましょう。

極端に価格の安いものでは不安定だったり、負荷に耐えることができません。高額すぎても持て余すので中間の金額のものを選んでいきましょう。

私が推奨するサーバーは、エックスサーバーという会社の「X10」というプランか、同会社が運営しているもう一つのサーバー、「Wpxクラウド」の2つですね。

エックスサーバー X10プラン

Wpxクラウド

ネットでブログを構築するには、基本的にこのどちらかのサーバーを借りておけば間違いありません。

それぞれの大きな違いとしては、

  • X10プラン: 月額固定制、独自ドメインメールが使える
  • Wpxクラウド: 月額変動性、独自ドメインメールが使えない

このような感じになっています。

独自ドメインメールとは「info@○○.com」の○○を好きなように決められるメールの事をいい、自分だけの専用メールとしての機能を果たせます。

X10プランは年間費用を一括で支払うか、月額の分割でサーバー費用を支払い、アクセスに応じて更新する月にプランを変更するのが基本です。

WpXクラウドは月額がアクセス量に応じて料金プランを変更することができ、アクセスの少ない時であればあるほど安いプランを使えるので無駄がありません。

逆に、相当なアクセスが集中した場合には
サーバーをその月によって拡張することができるので
かなり柔軟な料金プランといえます。

しかし、WpXにも弱点があり、
独自ドメインメールが使えないというデメリットが存在します。

これは、共用のサーバーを使っているからですね。

独自ドメインのメールが使用できないので、個人の色を出して運営するブログ(情報発信ブログ)には不向きです。

なので、

  • 情報発信用のブログ:X10
  • トレンドブログ、アドセンスブログ:WpXクラウド

という形で、それぞれ使い分けて行くといいでしょう。

申し込みの手順は動画を確認すれば一発で出来るので、ぜひチェックしてみてください。

エックスサーバー X10プラン

Wpxクラウド

まとめ

サーバーをレンタルできれば、後はドメインを用意してブログを設置するだけです。

細かい準備や設定が多いですが、ここを早くやらないといつまでたってもブログを始めることが出来ないのでコツコツと進めていきましょう。

レンタルしたサーバーは、忘れないよう期限までにかならず支払い手続きを済ませるようにしてくださいね。

疑問点や申し込み手順で迷う所があれば、遠慮なく質問してください!

この記事がゴミだと思ったら下に進んでください。ただ、もしも1ミリでもこの記事がお役に立てた場合には、シェアボタンを押して頂けると大変励みになります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらのSNSでも活動しています!

まだ「メルマガ作戦会議室」に参加していない方へ


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

トップへ戻る