ファイルやフォルダが消せない原因と2つの対処法まとめ!

1ミリでもこの記事が好きになった・お役に立てた場合には、シェアボタンを押して頂けると大変励みになります!

2017-01-23_185144

こんにちは。massyです。

Windowsのパソコンで作業をしている場合、時としてトラブルが発生します。

デスクトップに何気なく作ったファイルやフォルダを消そうとしたら

「ファイルが使用中です」
「他の人またはプログラムによって使用されています」
「他のアプリケーションで使用中です」
「対象のフォルダ(ファイル)へのアクセスは拒否されました」

なんてメッセージが表示されることがしばしばあります。でも、思いますよね。

「ファイル使って無ェし、誰も使ってないし知らねえよ!!!」

って。

私も同じように、ファイルやフォルダが消せない状況になりましたし、ブログを教えている生徒さんにも同じ現象が起こったのです。

今回は、ファイルやフォルダが削除できない原因と、消す・削除するための対処法を紹介していきます。

ファイルやフォルダが削除できない・消せない原因とは?

ファイルやフォルダが削除できない原因。これは、

「ファイルやフォルダ名に何らかの原因でスペースなどが入ってしまった」

ことが原因としてあげられます。

通常、これらの文字はファイルやフォルダに名前をつける時、本来は入力できないようになっています。

\/:*?”|
(全角スペース)
(半角スペース)

ところが、動画編集ソフトなどでは、

時としてスペースが入ってしまったままファイルやフォルダが生成されることがあるわけです。

それで、Windowsのほうでは「へ?そんなファイル無いけど?」みたいな認識になってしまうと。

ちょっとしたバグですよね…。

日本語でファイルやフォルダに名前をつける時と同じような感覚で名前を打ち込むと、最後にどうしても押してしまいますよね。スペース。

で、変換のつもりでスペースを押しちゃって、Enter押してファイル名にスペースが入ってしまう、という訳です…。

消せないファイルやフォルダは、ほぼこの一連の作業で出来上がってしまうわけですね。

では、どうすればいいのか?

以下に対処法を紹介していきます。

消せないファイルとフォルダを削除する方法

どうしても消せないファイルやフォルダが見つかって、ネットで検索するもわけの分からない単語や操作方法が出て来るものです。

私もそうでした。笑

そんな中、実践した中でいちばん簡単でやりやすいものを見つけましたので、こちらにまとめておきます。

今回の方法では、Windowsのシステムを直接操作できる

「コマンドプロンプト」

というものを使っていきます。

消せないファイルやフォルダは、以下のコマンドプロンプトを使った方法をそれぞれ実践してみてください。

ファイルが消せない場合の対処法

ファイルが消せない場合の削除方法は以下の通り。

  1. コマンドプロンプトを起動する(Windowsで「cmd」などと検索すると一発で出てきます。)
  2. 「del \\?\」と入力する(del と\\?\の間には半角スペースを入れます)
  3. コマンドプロンプトの画面に消したいファイルをドラッグ&ドロップする
  4. Enterを押す。すると(Y/N)という質問がでるのでYと入力する
  5. Enterを押す。

この手順でだいたい削除することができます。

フォルダが消せない場合

フォルダが消せない場合の削除方法は以下の通りです。

  1. コマンドプロンプトを起動する
  2. 「 rd /s “\\?\(フォルダをここにドラッグ&ドロップする)” 」
  3. Enterを押す。すると(Y/N)という質問がデルのでYと入力する
  4. Enterを押す。

これでOKです。

削除のコマンドを実行したあと、まだフォルダが残っているように見えますが、いったん再起動すると見事消えているはずです。

ファイルの場合も同じ現象が起こる時があります。

その時は再起動して、消えているかチェックしてみてくださいね。

まとめ

それでは消せないファイルやフォルダそ削除方法についてでした。

例外は環境によってどうしても出てくるものですが、基本的にはこの方法でほぼ全てのファイルやフォルダが消えるはずです。

また、新しくファイルを作るときにはくれぐれもスペースを入れておかないように注意しておきましょう!

まっしー運営の”メルマガ作戦会議室”の詳細はこちら↓


1ミリでもこの記事が好きになった・お役に立てた場合には、シェアボタンを押して頂けると大変励みになります!

こちらのSNSでも活動しています!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

トップへ戻る