こんにちは。massyです。

メルマガは基本基礎を徹底し、やり方さえ誤らなければ効果的に自分だけの情報発信局をつくることのできるオススメのノウハウです。

また、ネットを活用したビジネス手法としては最もレバレッジ(てこの力)が働くものでもあり、1人にメールを送る能力で10000人にアプローチすることだって可能です。

しかし、集客機能が動いていなければ
威力を十分に発揮することができません。

少人数の読者さんにむけてアプローチすることになります。

これではメルマガは機能不全になってしまうことになるでしょう。

もちろん人数が少なくても攻略法は存在するのですが、読者さんはいないよりかは多い方が絶対に有利なことは確かです。

では、どんな集客方法があってどれがオススメなのか、というお話を進めていきますね。

メルマガ読者の集客方法と種類

メルマガの集客手順は相手に価値を感じてもらって登録してもらうことが前提となります。

集客の方法はいくらでもありますが、基本的には

「たくさんの人が集まる所」

であれば問題ありません。

詳細については動画でも触れていますが、
具体的な人の集まる場所をお話しつつ、
それぞれの特徴も説明していきますね。

無料レポートから集客する方法

無料レポートからの集客は、
読者さんを集めるのに
比較的有効な手法でもあります。

もともとメルマガやレポートを読みたい属性の人、ノウハウを知りたい人が集まる所なので、レポートの内容が優れていれば紹介される可能性は非常に高いでしょう。

集客力の瞬間最大風速はこの方法がいちばんですが、コンテンツを用意する必要があるため難易度は少々高いです。

有料のレポートを掲載する方法もあるので、こちらは販売の戦略がきちんとしていれば選択肢の1つに入れてしまってもOKです。

また、無料レポートは内容が優れていれば紹介してもらう事も可能になるため、紹介の打診を他の情報発信者に交渉してみるのも1つでしょう。

SEOで集客する方法

検索エンジン経由で読者さんを集客する方法です。

たとえばブログアフィリエイトのノウハウを発信しているのなら、検索者の気持ちを考えて

「ブログ 稼ぐ 方法」

などのキーワードでタイトルを決め、記事を書くことで効果的な集客が可能です。

最もコツコツしたやり方ですが、
安定すると強力な集客源になります。

情報発信ブログの記事戦略については別途記事を用意しましたので、こちらをご覧いただければと思います。

関連記事 → 情報発信ブログで書き分けるべき5つの記事の種類とメリット・デメリット

相互紹介で紹介する方法

お互いの媒体(ブログ・メルマガ)を通して紹介依頼をする人と相互で紹介しあう方法です。

口コミ的な効果があり、集客効果は高いでしょう。

ただし中途半端なもの・ありがちなものを紹介しても
相手のブランディングが傷つくこともあるため
紹介にふさわしいコンテンツを用意する必要があります。

または自分の技能やノウハウを提供して、紹介と等価になるような価値を提供していきましょう。

ただ、まずは紹介に値する魅力的な実績を積む所からですね。

号外広告を使う方法

お金を払って、すでに読者の大勢いるメルマガから号外広告を出稿します。

費用はかかりますが、一瞬で数百人という読者酸を集めることができます。

注意点として、バックエンドなど利益を出し
号外以上の金額を回収できる仕組みを
あらかじめ用意しておく必要があります。

何も実績やコンテンツがない状態で号外を出しても全く意味が無いので注意しましょう。

SNSを使う方法

ツイッターやフェイスブックなどのSNSでを活用してメルマガ読者さんを集客していく方法ですね。

こちらはブログなどに比べて簡単ですぐに実践できますが集客できる属性がSNSによって大きく異なる傾向にあります。

  • ツイッター:学生
  • フェイスブック:意識高い系、ビジネスマン
  • インスタグラム:主婦、女性
  • Youtube:暇つぶし目的

なので、属性にあわせた動線を考慮して投稿内容を変える必要があります。

大手サービスのコメント機能を活用する方法

Yahoo知恵袋の質問やAmazonのレビューなどはアクセス数も多いですが、自分で操作できる部分もいくつか存在します。

この部分を有効に活用することで
メルマガ登録への動線を作ることができます。

メルマガの属性に合った質問や商品をもとに
自分のコメントを展開していくことで集客として活用できるでしょう。

ただし、Yahoo知恵袋は自作自演などをしてしまうと自分の信用に関わるためやり過ぎには注意しましょう。

ネット以外から集客する方法も?

多少実験的な方法ではありますが、ネット以外から集客する方法もあります。

何かのイベントでQRコードを用意しておいたりする方法などもあります。

たとえば人が沢山集まっているところで、
試しに広告を挟んだティッシュなど
現物を配ってみても面白いかもしれません!

沢山量産すればするほど安くなるので
ちょっとした号外のような感覚で
活用できることでしょう。

どの方法が1番オススメ?

基本として、
無料の集客方法は網羅しておくべきですね。

有料の方法はある程度の利益を実際に出せるようになるか、仕組みをしっかりと用意した上で使用するようにしましょう。

媒体は凍結されたり、アカウント停止されては意味がありません。

じっくりコツコツと育て上げていきましょう。

まとめ

集客方法を色々紹介していきましたが、やり方としては

「人がたくさん集まっていれば可能性はある」

ということに尽きます。

自分にとってできることはやはり無料の媒体から攻めることだと思うので、先にアカウントだけでも用意してしまうことをオススメします。

集客は1日にしてならず。コツコツいきましょう!