こんにちは。massyです。

情報発信をするということはすなわち、人と関わることになる事です。

相手をクライアントさんとして迎え入れることもあるので、自分が発信している情報に即した実績があることが最低限必要となります。

また、相手が望んでいる状態を提供する、
つまりクライアントさんに同じ実績を出させることも重要になってくるよ、という事です。

では、具体的には自分の実績とクライアントさんの実績をどのように伸ばしていけばいいのか考えていきましょう。

自分よりもクライアント

まず1つ考えなければいけないこととして、情報発信をしていくのであれば

「ついてきてくれるクライアントさんに結果を出させる」

ということに全力を注いでいきましょう。

自分の事を信じて頼ってくれているのであれば、
5ヶ月半年かかってでも全力で引き上げていきます。

たとえばブログで稼ぐ!というコンセプトに情報を発信して

「稼ぐ方法を教えて稼ぐ」

みたいな状況になってはいけないわけです。

よくありがちなのが、高額塾で大量の生徒を集めたものの全くサポートを放棄して、「それぐらい自分で調べてください」というメッセージを投げつけるパターンがありますね。

それでは情報発信をしている意味はありませんし、
当然結果の出る人はもともと稼いでいるような人になります。

となると、相手からの興味を惹くことも難しいでしょう。
焼畑農業的なビジネスになってしまいます。

だからこそ、まずは自分が実力をつける。

そして信じて付いてきてくれた人に
最大の価値を提供する。

これが情報発信で欠かせない基本概念ですね。

「与えたものは返ってくる」の本当の意味

クライアントさんに成果を出させると、
自分は損をしてしまうように感じてしまうかもしれません

ですが、

本当にそうでしょうか?

たとえば中国の故事成語に

「青は藍より出でて藍より青し」

という言葉があります。

これは師匠をいずれ弟子が越えていく、という言葉なのですが、師匠よりも強く育てることができればかなり有利なわけですね。

何故かと言うと、

○○(自分のクライアント)さんは■■(自分)さんが教えていたんですね!

という形でブランディングが出来上がれば、
口コミが広がり、結果としてあなたに注目が行きやすくなるからです。

なので一通り教えられる実績を身につけたのなら、教育側に回ってみるという考えを持つようにすると結果は加速しますよ!

まとめ

情報発信は育てることが基本で、
育てる楽しさがあります。

自分のことばかりやっていてもなかなか伸びにくいので、情報発信を視野に入れているのであれば、何らかの形で他人に貢献できる体制を整えておきましょう。

例えばブログを用意してもいいですし、時間的に厳しければツイッターなどSNS主体の活動だけにしてもいいです。

自分の価値を高めるため、また大きな成長のためにコツコツやっていきましょう。