中途半端で効果の無いセルフブランディングとオサラバする方法

この記事がゴミだと思ったら下に進んでください。ただ、もしも1ミリでもこの記事がお役に立てた場合には、シェアボタンを押して頂けると大変励みになります!

こんにちは。massyです。

自分の演出、どんな感じにやっていますか?
SNSに料理の写真だけ載せたり、何も考えずにフォロワーを増やしていませんか?

ブランディングの方法は、
正しく使えば効果を発揮しますが
悪い方向にはとことん悪く作用してしましまいます…。

今回は正しいブランディングの知識を身につけた上で
コツコツ自分の価値を築きあげていきましょう。

どんな印象を与えたいか?

「ブランディングする」

という言葉を聞いて、どんな印象を感じますか?

もしも勘違いしていたら良くないのですが、

  • 高級車を乗り回す
  • 両脇に女性をはべらせる
  • 札束を撒き散らす
  • 高級クラブの写真をUPする
  • 食事の写真だけを撮る
  • 友達を5000人申請する
  • フォローツールをガンガン回す

なんていう事だけをブランディングだと思っていた場合は危険信号です。

情報発信で稼ぎ続けて行く場合、
自分だけの状態をギラギラとアピールするのではなく、

  • 自分と関わった人の人生がいい意味で180度変わる
  • 自分が持たれたい印象を演出をする
  • 「相手がどう思うか?」を考える

といったことを考えて組み立ていくようにしましょう。

中身を伴わないブランディングはNG

ブランディングはコツコツと積み上げることであり、
裏から見たらただのハリボテ…

みたいな感じではNGです。

たとえば情報発信をしているのであれば、
自分だけが稼いでいるのではなく
自分を信じてコツコツやっている人のために全力を尽くしていきます。

与えたものは返ってくる、
という言葉がありますが
まさにこういう時のためにあるものです。

適当にハッタリをかまして、
実は何も実績を持っていなくて
自分は演じているだけです!

という人は結構多いので
このページを見ているからには
「本物」を目指してください。

情報発信で、
またはネットビジネスで結果を出したい場合は

くれぐれも

「うさんくさい系」

の人にはならないでくださいね。

明らかに黒歴史です。

まとめ

ブランディングの方法には色々なものがありますが、

演出するのはすでにある実績をどう見せるか?
そして自分と関わった人にはどんな素晴らしい変化があるのか?

という部分を魅力的にすることです。

情報を発信している自分に対して

「この人はどんな人なんだろう?」

と、いい意味で興味を持たれなければ
全く意味がありませんん。

もしも自分での判断が難しい場合には
信頼できる家族や友人にチェックしてもらいましょう。

ブランディングを成功させるためには多少の時間はかかってもいいので、1つ1つの作業を丁寧にこなしてSNSやブログを運営していけるようにするといいですね。

この記事がゴミだと思ったら下に進んでください。ただ、もしも1ミリでもこの記事がお役に立てた場合には、シェアボタンを押して頂けると大変励みになります!

こちらのSNSでも活動しています!

まだ「メルマガ作戦会議室」に参加していない方へ


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

トップへ戻る