挫折も想定内!原因を克服して人生を200%前に進めるコツ

こんにちは。massyです。

何となくやる気が出なくなって、諦めてしまうことはありませんか?

何事も一定のレベルまでやりこまないと結果は出ないものです。

が、挫折してしまっては何も始まりませんよね。
挫折した時に限って負の感情が負を呼ぶので
なかなか大変でもあります。

では今回は、挫折を感じた時でも当たり前のように進むためのテクニックを紹介していきます。

挫折は当たり前

今まで経験したことのないものに直面すると、人間は不安になります。

不安な中、ちょっとでも失敗したり先が見えなくなると

「ああ…どうしよう」

となって、挫折という階段をトボトボと下って行ってしまいます。

しかし、本来人間は新しい事に挑戦するときに挫折はつきもの。
本気でやれば気づかない間に乗り越えてしまっています。

挫折するまでのレベルは人によって大きく異なりますが、
だいたいはこんな感情が沸き起こり、挫折します。

  • わからない
  • 理解できない
  • 作業が進まない
  • 正しいのかわからない
  • 作業量が膨大
  • 孤独
  • やる気がでない
  • イメージが持てない
  • 継続できない
  • 忙しすぎる
  • 道のりが長過ぎる
  • 抽象を具体の落とし込めない

人の挫折の理由は色々あれど

「出口が見えない(ように見える)」

という点が共通点だと思います。

しかし、挫折する事はべつに普通ですし、世界の名だたる著名人も数多くの挫折を乗り越えて成功しています。

挫折=何も出来ない状態

と思ってしまうことはNGなので、いちど手に胸を当てて平常心を保ちましょう。

一度離れて原点回帰

実は挫折していると勘違いしているのですが、それは進化する大きなチャンスであったりもします。

もしも挫折しそうだと感じたら、
原点に立ち返ってみてください。

やる気の出るポジティブ小説を見てもいいですし、セミナーの音声でも美味しい食事でも運動でも何でも構いません。

まずはインプットに徹することで、
自分に欠けていたと思われるものを埋め合わせます。

すると、

「そもそも挫折できるって凄いことじゃない?」

という気持ちが沸き起こってきますよ。

挫折出来るなんて頑張ったな~!

なんて思えたら充電完了です。

そのうち、作業をしたくて居てもたっても居られなくなるので、モチベーションが戻ったら作業に戻りましょう。

きっと思わぬアイデアが出てきやすいと思いますし、以前よりも免疫が上がっているはずです。

「なるほど、そういうことか」を増やす

絶望を感じるなら、成功体験をして補いましょう。

例えばブログで1円も稼げないのであれば、自己アフィリエイトで1万円でも稼ぐのがオススメです。

ネットでお金が落ちてくる仕組みを理解すれば、

「なるほど、そういうことか」

という風に自分が目指すべき仕組みや構造をイメージすることができます。

自分が挫折防止セミナーを開いたら、まずスマホを開いて貰って1万円稼ぎましょう!みたいな事をしたら、それを知らない相手からしてみれば「凄い!」と思って貰えそうですし、喜んでもらえると思いませんか?

挫折を感じる場合は事例不足・経験不足であることが多いので、先に成功体験をできるだけ経験してしてしまいましょう。

他人の事例を研究したり、本を読んだりするの良いです。

まとめ

挫折を感じる場合は、自分の経験や体験が不足していると思うので、まずはそれを補うために行動・学習してみるといいかもしれませんね。

または、インプットが足りていない場合もあるので、本を読んでみたり人と会話したりして回復を目指しましょう。

自分が必要なことを実現するためには作業が必要ですが、一度離れてみて、本当に必要な事はなにか・自分が挫折しないためには何を後ろ盾にすればいいかをイメージして行動していきましょう。

この記事がゴミだと思ったら下に進んでください。ただ、もしも1ミリでもこの記事がお役に立てた場合には、シェアボタンを押して頂けると大変励みになります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらのSNSでも活動しています!

まだ「メルマガ作戦会議室」に参加していない方へ


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

トップへ戻る