朝起きてスカイプにログインしてメッセージを確認しよう…と思ったら、スカイプのコンタクトリストが全部消えていたなんていう事はありませんか?

これはスカイプの仕組み上起こりやすく
昨日まで普通だったのに突如として起こることもあります。

その原因はスカイプの仕組みにもあるのですが、今回は消えてしまったスカイプのコンタクト先を復活させる対処法と復帰のための設定方法などをお話していきます。

スカイプのコンタクトが全部消える理由は?

ある日スカイプにログインした時のこと。

メッセージが誰かしらから来ていると思い、ふと画面に目をやるとこんな状態になっていて、誰のコンタクト先も残っていませんでした…。

寂しすぎるのですが、テストコールのコンタクト先だけが友達という状況でした……。

2016-07-01_160310

こんな感じで、つい先日までコンタクトしていた方も全て「?」マークの表示になってしまっています。

さしてどこまで下にスクロールしてみても、
ずっとこの「?」マークのコンタクト先のみ。

もしや一斉にコンタクト拒否されてしまったのでは…なんてことも思ってしまいましたが、そういうことをされるようなことをした覚えは全くありません。笑

検索してみたらスカイプのエラーだということが分かりました。

コンタクト先が全部消えてしまう原因は
スカイプ自体がアップデートされたことによる
副作用だったようです。

これを解消するためには

  • Skypeを再インストールする
  • 別のコンタクトから該当アカウントへコンタクト申請を送る

この2つを行うことによって対処できるとのことでした。

なのでさっそくこれらの方法を試してみることにします。

対処法その1.スカイプを再インストールしてみる

ソフトの不具合が起こった時の対処法として、まずは再インストールをして回復を試みる王道的な手法から試してみることにしました。

スカイプを再インスト―ルする方法を実施してみます。

これをすることによって新しい情報に書き換えられるとともに、消えてしまったコンタクト先も復活することがあるようです。

実際にスカイプを消して、最新バージョンのものをインストールし直してみましたが症状は変わらず…。

どうやら今回のケースは再インストールでは対処できなかったようです。

対処法その2.別のアカウントからメッセージやコンタクト申請を送る

こちらはスカイプアカウントを2つ用意する必要があります。

方法としては、
新しく作ったスカイプアカウントから
問題のあるアカウントに対して
コンタクト申請を送るという方法です。

新しく作ったコンタクト申請を許可することにより、今までのコンタクト情報が復活する、という仕組みになっているようです。

イメージ的にはメールの自動受信設定をしているのに、サーバーに詰まっていて新着メッセージを受信できない状態のような感じです。

この時は新たにメールが届く・またはメールの受信を意図的に操作することで詰まりを解消できることがあります。

 

スカイプに新しいアカウントを作ってメッセージを送る場合、

  • 自分のパソコンとスマホを組み合わせて送る方法
  • パソコンのみでスカイプを2つ起動する方法

このどちらかを選ぶことが出来ます。

スカイプを二重に起動する方法としては、特定のコマンドをパソコンで実行することで簡単に行うことができます。

参考リンク → スカイプを二つ同時に起動・多重起動する方法(外部サイト)

これにより別のアカウントから意図的に、コンタクトが全部消えてしまっているアカウントへコンタクト申請をすることで解消できるようになる、ということですね。

この方法を試してみたところ、
すぐに復活しました!

2016-07-01_164607

こんな感じで簡単に復活できるので、もしも同じ状況になった場合は同じように対処してみるといいかもしれませんね。

まとめ

スカイプの不具合が生じた場合、再インストールで回復できる場合もありますが、今回のようにコンタクト先が全部消えてしまったという場合には別アカウントからコンタクト申請を送った方が早いかと思われます。

同じような状況になった場合には、ぜひ再インストールをして時間をかける前にコンタクト申請を送るようにしてみましょう。

スカイプには時々突発的に不具合があるのですが、検索してその都度トラブルを回避するしかなさそうですね。