重いパソコン対策!動作を軽く・速くして作業効率を上げる対処法

こんにちは。massyです。

パソコンの中身、不要なもばかりを溜め込んでいませんか?

作業をするパソコンは、動きの早さが命になります。

動作を軽くしないと貴重な時間で作業を進めることが難しくなってしまうため、出来るだけ早い環境でパソコンを操作できるようにしていきましょう。

今回はパソコンの動きを早くする時にすべきことについてお話していきます。

パソコンの動き・動作を早くするために必要なこと

作業効率を上げることにおいて、パソコンの動きを早くすることは生命線です。

つまりパソコンの動きが遅いことは
結果が出るまでの時間を自分で
伸ばしてしまっているようなものですね。

結果を早く出すためにも、自分のためにもパソコンは最大の性能を発揮できるように手入れしておきましょう。

今回、部品を交換する方法などは割愛し
すぐに効果の出る方法を紹介します。

まずやっておくべきなのは、こういったことですね。

  • 不要品はゴミ箱へ捨てる
  • 不要なソフトはアンインストール
  • ネット接続を安定化させる
  • デスクトップをファイルやフォルダで埋め尽くさない
  • 定期的にディスクをクリーンアップする
  • 負担の少ないウィルス対策ソフトを使用する
  • ショートカットキーを活用する

順番に紹介していきます。

不要品はゴミ箱へ捨てる

不要なファイルはゴミ箱へ捨てましょう。

使わなくなったフォルダやテキストのデータ、キャプチャした不要な画像などはすぐにパソコンのファイル容量を圧迫します。

必要な編集が終わったらすぐに削除しましょう。

不要なソフトはアンインストール

パソコンには標準で何らかのソフトが入っている場合があります。

不要なソフトは数ヶ月間1回も起動していないはずなので、アンインストールしてしまいましょう。

パソコンの中にある不要なソフトでよくあるのは

  • 初心者用の補助ソフト
  • パソコン診断用のソフト
  • メーカーのDVDリーダー
  • ワープロソフト
  • ウィルス対策ソフトの体験版

などなど、色々なものがありますが不要なものがパソコンの空き容量を埋めてしまっている可能性があるのでアンインストールしてしまいましょう。

取っておいても、普段から使っていなければ
これから使い可能性も低いですからね。

デスクトップをファイルやフォルダで埋め尽くさない

デスクトップに画像やメモ、フォルダが散乱していませんか?

不要なデータがデスクトップに沢山あると、
何がどのファイルか確認しづらくなります。

何がどのデータなのかフォルダ分けをしたり、
なるべくデスクトップに出すデータを減らすようにすることをオススメします。

定期的にディスクをクリーンアップする

定期的にファイルをクリーンアップして、削除しきれないデータの残骸を時々キレイに掃除しましょう。

また、ファイルをクリーンアップできるソフトがネットで公開されていることもありますが、動作を軽くするために外部のソフトをインストールしてパソコンの空き容量を減らしても本末転倒なので基本的には必要ありません。

負担の少ないウィルス対策ソフトを使用する

重たいウィルス対策ソフトが入っていると最悪です。

いきなりスキャンが始まってしまうと非常に動作が重たくなるので、パソコンに負担をかけず動作してくれるものを選ぶようにしましょう。

オススメはPanda Securityです。

ショートカットキーを活用する

パソコンにはクリック以外で操作できる方法があり、ショートカットキーは覚えておくとかなり重宝します。

もともとパソコンに備わっている機能なので、ガンガン使って作業効率を上げて行きましょう。

また、ワードプレスにもショートカットキーが存在するので、一通り覚えておくと便利です。

ショートカットキーの使い方については以下の記事でまとめてあります。

関連記事 → ショートカットキーの使い方

まとめ

パソコンは武器です。

結果が出るのを早くするためにパソコンも速くするという感じでやっていきましょう。

方法は全て難しいものではないので、ぜひ実施してみることをオススメします。

新しいパソコンでも一緒で、
時々これらの手入れをしないと
どんどん重くなってしまいます。

作業効率をあげるためには環境にこだわることも重要で、パソコンにこだわることも時に必要になります。

パソコンも断捨離です!出来ることはやっていきましょう。

この記事がゴミだと思ったら下に進んでください。ただ、もしも1ミリでもこの記事がお役に立てた場合には、シェアボタンを押して頂けると大変励みになります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらのSNSでも活動しています!

まだ「メルマガ作戦会議室」に参加していない方へ


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

トップへ戻る