ワードプレスを効果的に改善!19個の便利なオススメプラグイン

ワードプレスの中でもひときわ優秀な機能である「プラグイン」。

プログラムなど小難しい知識を一切必要とせずに必要な機能を追加できるので、非常に便利ですよ。

プラグイン無しにワードプレスを語ることはできない!

と言っても過言ではないでしょう。

ワードプレスのプラグインは星の数ほどありますが、今回は私が実際に使用した中で「これは外せない!」というものや、「使ってみたらかなり便利!」だと感じたものを1つ1つセレクトして紹介していきます。

トレンドブログを始め、どんなブログでもこれだけあれば通常やることに事欠かないので、ぜひ活用してみてくださいね。

ブログ管理系のオススメプラグイン

ブログ管理系のプラグインは、ブログの最低限の機能の構成を簡単に済ませることのできるものになります。

基本的には以下のようなものが主となります。

  • ブラウザでの表示をサポートする
  • 面倒なスパムをブロックする
  • アクセスを集めるための基本的な構成を自動でつくる
  • 管理に掛かる手間やリスクを管理する

もちろんこれらは全てここで紹介するプラグインで解決できてしまうので、使わない手はありませんね。

また、今回動画で紹介しているプラグインは、最低限用意しておけばブログ運営に役立つものを中心に紹介しています。

基本的には動画のほうからメインに用意していけばOkです。

以下に紹介していくものの中には動画に掲載されていないものもあるので、必要に応じて追加していく、という形でやっていただければと思います。

それでは、順番に紹介していきます。

・All in one SEO

2015-11-16_160732

言わずと知れた、ワードプレスで簡単にSEO関連の設定ができるプラグインです。

SEO関連のプラグインはこちらの「All in One SEO Pack」と「Yoast SEO」などがありますが、Yoast SEOの設定が分からない、または難しいと感じた場合にはこちらのプラグインを設定しておきましょう。

サイトマップもこのプラグインで用意することができるので、お手軽にひととおりのSEO対策が可能となります。

参考リンク → All In One SEO

・Akismet

2015-11-16_160952

ブログにスパムコメント(迷惑コメント)を付けなくさせる必須プラグインです。

ワードプレスには初期状態で用意されているので、あとは有効化して設定用のパスワードを取得するだけなので非常に簡単です。

参考リンク → Akismet

・WP Multibite patch

ブログ内で使われているひらがなや漢字の表示を最適化してくれるプラグインです。

日本語のサイトを正しく作動させるためには必須なので活用しましょう。

こちらもワードプレスには初期状態で用意されているものなので、ワードプレスをインストールしたらすぐに有効化をしておきましょう。

参考リンク → WP multibite Patch

・Better Delete Revision

ブログの記事を書いていく際に発生するバックアップ(リビジョン)は記事を増やしていくたびにどんどん溜まっていきます。

不要なゴミのようなものを溜めこむことにもなるので、一定期間溜経ったら定期的にこちらのプラグインでブログを綺麗に掃除していきましょう。

最初に必ず必要、というわけではないので後で用意してしまってもOKです。

参考リンク → Better Delete Revision

・Pubsubhubbub

2015-11-16_160605

手軽にインデックス速度(ブログの記事を早く検索エンジンに登録する)を上げられるプラグインです。

投稿した記事は「ping」を介して検索エンジンに伝わるのが今までのプラグインでしたが、こちらのプラグインはそれをさらに高速に・かつ正確に伝えられるようにしたものです。

読み方は「パブサブハブバブ」です。

小難しい設定は一切ないので、こちらも真っ先ににいれておきたいプラグインですね。

参考リンク → Pubsubhubbub

・Google Analytics For WP

2015-11-16_160506

アクセス解析の「グーグルアナリティクス」をわざわざ公式ページで開かなくても、ワードプレスのダッシュボードで簡易的にアクセス数を確認することができます。

もちろん細かいアクセス解析はアナリティクスのページへアクセスすればいいのですが、日常的にPVやアクセス数を確認したい場合にはこちらのほうがオススメです。

一度使ったら手放せなくなるほど便利なので、確実に取り入れるようにしていきましょう。

参考リンク → Google Analytics for WP

・Crazy Bone(狂骨)

2015-11-16_160406

自分以外のユーザーがワードプレスにログインしてきた記録をとっておけるプラグインです。

なかなか渋い名前なので、一度聞いたら忘れられないでしょう。

トレンドブログのような大量にアクセスを集めるブログだと、訪問者の中にはこちらが管理しているブログにログインを試みる人が出てくることも。

大量にアクセスが来て、ブログを乗っ取られる可能性を上げてしまっては元も子もないので用意しておくことをオススメします。

ちなみにですが、アクセスが集まるようになってから準備をしていってもOKです。

参考リンク → Crazy Bone

・Broken Link Checker

2015-11-16_160348

自動的にリンク切れを起こしているURLを見つけだし、あらかじめ設定しておいたメールアドレス宛てにメールで報告してくれるプラグインです。

記事内に動画やサイトなどの外部リンクを掲載する際には、訪問者を混乱させないように用意しておきたいですね。

参考リンク → Broken Link Checker

SNS連動系のオススメプラグイン

SNSで活用できるプラグインです。

過去にはFacebookと連動できる「OGP(Open Graph Photo)設定」のできるプラグインがありましたが、現在は主流になっている各無料テーマなどで事足りているのが現状です。

こちらでは1つだけオススメのプラグインを紹介しておきます。

・WP to Twitter

2015-11-16_155719

ブログの記事を投稿した際に、あらかじめ関連付けておいたツイッターに記事の更新内容をツイートしてもらうためのプラグインです。

  • 記事を投稿した際にフォロワーに対して通知する
  • 記事を追記・修正した際にフォロワーに対して通知する

これらをあらかじめ設定したメッセージに乗せて通知することが可能になります。

また、トレンドブログで使うのであれば専用のアカウントを設定して、トレンド入りしているキーワードなどを狙うようにしてうまく活用すれば爆発的なアクセスを狙うことも可能です。

また、反応のあるフォロワーを多く集められれば更新しただけでも大量のアクセスを狙うことも可能なので、さまざまな可能性を秘めています。

参考リンク → WP to Twitter

時短・作業効率UP系のオススメプラグイン

作業時間を短縮するために必須のプラグインを紹介します。

記事を更新するときにはあの手この手で記事を組み立てていきますが、見た目の装飾やリンクの配置に工夫を入れることで一回りも二回りも面白くなります。

作業効率を3分でも上げられればやがてそれは大きな差になるので、ぜひ取り入れていきましょう。

・Browser Shots

2015-11-16_155609

外部サイトのURLを記事内で紹介した時に、アクセス先で表示される画面をプレビューしてくれるようになるプラグインです。

常に最新の画像を用意しなくても、変遷先がどんなサイトなのかを画像で表示してくれるのでセキュリティの面でも安心ですね。

必要に応じてリンク先画面のキャプチャ画像のサイズや脚注も入れられるので使い勝手もよく、かつ著作権の問題にも対応できるプラグインです。

参考リンク → Browser Shots

・TinyMCE Advanced

2015-11-16_155547

ワードプレスの記事更新で大活躍するプラグインです。

ビジュアルモードのテキスト編集画面で使用することができるプラグインで、記事編集で頻繁に使うであろう以下の操作をボタン1つで簡単に行うことができます。

  • 見出し(1~6まで)の表示
  • 引用部分の表示
  • 箇条書きの表示(ちょうどこの部分です)
  • 記事内部リンクの設置
  • 記事内部リンクの取り消し
  • 表(テーブル)の表示
  • Browser Shotの仕様
  • 文字への装飾
  • 取り消し線の追加

これらを面倒なタグの記述無しで表示することができるので、使わない手はありませんね。

ビジュアルモードを使った記事編集では欠かさずに使用するべきでしょう。

参考リンク → TinyMCE Advanced

・Multi Plugin Installer

2015-11-16_155528

ワードプレスで複数のプラグインを一度にインストール・有効化できるプラグインです。

あらかじめ入れたいプラグインの名前を打ち込んでおけば、すべて自動でやってくれるスグレモノ。

たとえば新しいブログを立ち上げた場合にいくつもプラグインを検索してインストールして、また検索して・・・というのは意外に手間がかかります。

正直、これを知っているだけでプラグインの準備にかかる時間を大幅に削減できるのでぜひとも活用しましょう。

参考リンク → Multi Plugin Installer

ブログ訪問者向けプラグイン

ブログの訪問者の利便性を向上させるためのプラグインです。

ユーザーの事を考えたブログ、というのはコンテンツに限ったことではなく、こういったシステム面でのことも当てはまるでしょう。

ユーザーのコメントをしっかりと受け取ることができるよう、訪問者向けのプラグインを設置しておくべきですね。

・Contact Form 7

2015-11-16_155511

ワードプレス内で簡単にお問い合わせフォームを作れるプラグインです。

これだけ用意しておけばブログに来るお問い合わせを簡単に把握することができますし、もしも記事に対する苦情があった場合にもスムーズに対処が行えます。

また、ブログがある程度強くなった場合にはアフィリエイト案件の提案なんかも時々フォームを介して送られてくるので必ず入れておきましょう。

参考リンク → Contact Form 7

・Wordpress Popular Posts

自分のブログ内にある、よく読まれている記事を簡単に知ることができます。

  • 24時間でもっとも読まれている記事
  • 1週間で最も読まれている記事

このプラグインによって人気のある記事へ訪問者がたどり着くことが簡単になるのと同時に、投稿した記事に対する世間の需要なども掴めるので取り入れておきましょう。

参考リンク → WordPress Popular Posts

・Similar Posts

1つの記事に対して、関連性のある記事を自動的に表示してくれるプラグインです。

ブログの訪問者に対しておすすめ記事を表示するので、有益な関連情報を提供することと同時にPV数の底上げ的な役割も果たしてくれます。

参考リンク → Similar Posts

・PS Auto Sitemap

2015-11-16_155349

サイトマップと言うとAll in One SEO と同じ印象に感じますが、こちらは人間が読める形のサイトマップを自動的に生成してくれます。

このプラグインを設置してサイトマップ用のページを作ると、

  • 記事カテゴリ→記事タイトル

といった形でサイト内に分布しているコンテンツが読みやすく記述されるようになります。

ブログの構造を訪問者へ適正に伝える役割をするので、記事数が増えてもブログのコンテンツを見てもらいやすくするために役立つプラグインとなっています。

参考リンク → PS Autositemap

・WP Pagenavi

2015-11-16_155326

ブログで更新した記事をページごとにまとめる「ページナビゲーション」を簡単につくることができます。

通常は「次のページ」のみで表示が終わってしまうのですが、こちらのプラグインを使用すると1,2,3,4,5…と、ブログにどれぐらいの記事が存在するのかを簡単に知ってもらうことができるようになります。

参考リンク → WP-Pagenavi

・EWWW Image Optimizer

2015-11-16_155225

ブログで使用される画像を自動でファイルサイズを圧縮してくれるプラグインです。

画像が圧縮されることでページの表示速度が増すので、スマホの訪問者が多いトレンドブログには特に有効ですね。

ページの画像を読み込んでいるときなどに「遅い!」と思われて離脱される確率を下げることができます。

参考リンク → EWWW Image Optimizer

・Table Of Contents Plus

2015-11-16_155244

記事に対して自動的に目次を設定してくれるプラグインです。

特に文章が多く、長くなるような記事にはこのプラグインを活用することで目次が表示され、簡単に見たい見出しの部分にクリックで移動できるようになる便利な機能を備えています。

ちょうどこの記事の上に表示されている、この部分が当プラグインを使用したときに表示される部分ですね。

2016-03-23_165117
もちろんこちらのプラグインも難しい設定は一切不要なので、「記事の内容が長すぎて読みづらい」という問題を解決するためには有効な手段といえるでしょう。

参考リンク → Table Of Contents Plus

あとがき:プラグインは面倒なことを減らすアイテム

それでは、ブログに入れておけばまず間違いないプラグインをそれぞれ紹介しました。

プラグインは世の中にあふれるほど存在していますが、その中でも定番のオススメプラグインというのはほんの一部だったりします。

あと、忘れてはならないのはプラグインが「面倒な事を減らす」「訪問者の利便性を良くするもの」「検索エンジンへ効果的に情報を伝えるもの」という目的で使うものだということです。

余分なものを増やしてしまうと、ワードプレスが改善されるどころか、かえってゴチャゴチャとして使いづらくなってしまいますので注意しましょうね。

自分のブログを運営するのに必要なプラグインを見極め、1つ1つをムダなくしっかりと活用していきましょう!

理想のライフスタイルを構築する"メルマガ作戦会議室"とは?




この記事がゴミだと思ったら下に進んでください。ただ、もしも1ミリでもこの記事がお役に立てた場合には、シェアボタンを押して頂けると大変励みになります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらのSNSでも活動しています!

コメント

  1. mietti より:

    はじめまして。

    ワードプレスのプラグインには、たくさんの種類があって、どれを入れたらいいのか迷ってしまうのですが、massyさんのブログを拝見して勉強になりました。

    参考にさせていただきますね♪

    • massy より:

      miettiさん、はじめまして。

      ご参考になったのでしたら幸いです。
      どんどん役に立つ記事を追加していく予定ですので、これからもよろしくお願いします^^

  2. ryouji より:

    いつもありがとうございます!

    ワードプレスの機能は多彩ですね!驚きました。勉強になりました。ありがとうございます!

  3. しょうこ より:

    こんにちは。
    人気ブログランキングより訪問させて頂きました。
    ワードプレスって私よくわからなかったんですが
    こんなにたくさん機能があるんですね。
    ビックリしました。
    全部使いこなせる気はしないけど、中にはこれは絶対使ったほうがいいなっていうのもあったので、とても参考になりました。
    ありがとうございます。
    応援クリック完了です。

  4. アンド より:

    massyさん こんにちは
    ブログライター挑戦中のアンドです

    wordpressのプラグインは奥が深いですね
    私もこの記事に掲載されているプラグインの半分ほどしか
    使っていませんでした。
     
    便利なものも多いようですので
    ぜひ使ってみますね!

    貴重な情報ありがとうございました
    また楽しみにしております。

  5. りん より:

    こんにちは

    ワードプレスに必要なプラグインを
    見極めてみたいと思います

    でも、凄く種類多いんですね

    驚きです

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

トップへ戻る