マイスピーの活用事例コンテストに3年連続で入賞したので過去を振り返ってみました。

近況
まっしー
こんにちは、まっしーです

先日、

普段私が配信しているメルマガを
送るシステムを提供していただいている
「マイスピー」さんで表彰をしていただきました。

今回は、通算3回の入賞を通して思うことが沢山あったのでその時の気持ちとか色々書き溜めていきたいなって思います。

 

コミュニティに参加していただいている生徒さんも賞をとったり、

しかも2年連続で取られたりもして、

「来年も入賞して3冠王達成したいね」

みたいな事も話していたりもした

非常に楽しい会になりました。

 

また、普段から業界の第一線で活躍されている

起業家さん達ともお話をすることができ

刺激を頂けて今年も参加させていただけて素晴らしい会になったなって思っています。

 

情報発信をしていなければ

メルマガ配信スタンドの事とかは
あまり分からないかもしれませんが、

マイスピーさんは、メルマガ配信スタンドサービスとして創業8年目で近年ユーザーが右肩上がりで伸びまくっている会社でもあります。

システムや機能がめちゃめちゃ豊富で

やりたいと思ったことは全部一通りここでできてしまうので、非常に普段から重宝しておりますね。

そんな勢いのある会社を支えているのは
ささいなことでも暖かく答えてくださる
社内のサポートスタッフさんがいるお陰でもあります。

自分も何度か、社員さんとお話させていただいておりますが、すごく気さく&丁寧に接していただけるのでめちゃ嬉しいですね!

 

もらった賞状を壁に貼ってみる↓
(左上は自衛隊でもらったやつですw)

 

そもそも、まずこの会というのは
マイスピーユーザーの中でも
限られた数名のみが参加を認められているような
特別な会になります。

>会社公式サイトはこちら

 

当然、そういう特別な人たちが集まる会なわけなので圧倒的な猛者の方々も名を連ねる、そんなイベントでもあります。

「マイスピーのありとあらゆる機能を使いこなして億以上稼いでる」

とか、選りすぐりのトップの人たちも
会ではよく見かけることが沢山ありました。

 

 

 

そんな、いろんな方にお会いできるの中で自分が第一に感じたことは

・振り返れば1つ1つ階段を登るようにやってきたなぁ ということ

・まだまだ自分はしょぼすぎるし、成長していく必要があるなぁ ということ

です。

 

自分のコミュニティの生徒さんも
入賞していただけたので
非常に嬉しいなぁと思います。

自分もこういった形で表彰していただけたので

今までちゃんとやって来て良かったな、とも思います。

大人になってから賞状を頂く機会とかあまりないので、そういう意味でも認めてもらえたような気がしてめちゃめちゃ嬉しいんですよね。

 

今までそんな風になれたことって子供時代を振り返っても全然なかったです。

部活とかスポーツとか、何かのコンクールに入賞してトロフィーとか盾とかもらってる同級生をみていっつも羨ましいなぁ、いいなぁって思ってた側の人間です笑

おまけに自分は文章なんかを書くのなんかめちゃくちゃ苦手だった方なので、こんな形で表彰を受けること自体がありえないと思ってます。

 

夏休みの宿題の読書感想文だって
苦労しながら夏休み序盤にはじめて
最後の日にやっと全部終わる

そんな事も当たり前だったから

こういう場で評価していただけるのはめちゃくちゃ……

 

………

 

……めっちゃくちゃ嬉しいんですよ。

 

メルマガ≒文を書いたり届けたりする行為そのものなので

よくもまあ読書感想文200文字書くのも大変だった人が、こんな風になれたなぁって感慨深く思います。

 

マイスピーって賞のなかでも優秀賞、優良賞って区分けがあるんですが優秀賞にノミネートされるとガラスの記念盾を貰えるんです。

 

かっこうがよい。

 

学生時代に陸上とか部活で優秀な成績収めたりとかしないともらえないやつです。

 

こういうの、実はずっとほしいと思ってたんですよね笑

でも子供の頃はずっと無理だと思ってたし

そんなん取れる人間になんてなれるわけないと思ってましたから。

 

それが大人になってもらえるだなんて
本当におもろいな人生というものは
なんて感慨深くもなりましたし

誰にでもこういうチャンスってある。

そう改めて確信したりもしました。

 

でも振り返ってみたら、
そうなるために必要なことを
子供の頃は全然やってなかったから
もらえなかったのは当然で。

子供の頃は本当に自分の人生に対して無責任だったなぁって思っているし、

大人になってちゃんと人生に向き合ってきたからこそ、できた事だと思っています。

 

子供の頃とか、そういうの羨ましいな、って思うなかでも

「自分はそんなことできる器じゃない」

「そもそもそういうのに入選する努力をするのがダサい」

「だし、もし入賞しなかったら余計必死じゃね?」

「しょせん原価1500円ぐらいじゃんか」

みたいに、謎に劣等感MAXのひねくれの化身となってましたからね…。

多分それは子供時代の真面目すぎさとか勉強嫌い、シャイさとかが掛け合わさって、変なベクトルにいっちゃったからだと思います。

 

でもこのマイスピーの賞は
単に自分のためだけじゃなくて
自分から教わっていただいている
メンバーさんのためでもあったと思っててですね。

 

この賞をとったら生徒さんにもハクがつくなぁ

3年連続でとったらもっといい感じになるんじゃあないか?

って思った結果、無事入賞できて

それはもうやはり嬉しくてしょうがないわけですね。

 

何千人ものユーザーさんがいる中で
表彰は10人ぐらいなので、
単純計算でいえば
ものすごい倍率ですよね。

 

こうなれるために
何か特殊なことをしてきたのか?

っていうと、そういう訳でもなく
王道鉄板の努力を
積み重ねてきたというか、

1つ1つ壁乗り越えて積み重ねしてきたなって感じがあります。

 

入賞するまでのことを
振り返ってみると、
ほんと初歩中の初歩の壁を乗り越えるところからでした。

「自分に発信できることなんて本当にあるのか?」

まず、ここ。笑

 

絶対発信する前にぜったい思う感情現象なのですが
自分も例外なく同じ現象に見舞われてたんですよ。

 

今だからこそ言えますが、

その昔。

先生がおすすめしてくれた
マイスピーの契約をしないままにして
情報発信を先延ばしにしてた
そんなダサい時期もありました。

 

でも、これからの活動を見据えていったら

・今これやらなくていつやるの??

・もっとこれから伸びていこうと考えてるやつがなんで新しいことにチャレンジしないの?バカなの?

みたいな感情も芽生えてきて。

仮に来年やるとしても

その間いったい何をするつもりなの???

ってなって、まず申し込むというハードルを超えてきました。

 

その次の壁は
メルマガを書けないという壁です。

 

申し込んだはいいものの、使いこなせない…。

メルマガを書こうにも、発信を考えるうえで必要な視点を押さえて書くメルマガの文章が全然思いつかんという苦労に苛まれることになりました。

 

その時点ですでに
ブログで毎月10万稼げてたのに
最初に書いたメルマガなんて
半日ぐらい余裕でかかったし、

ブログとは全然ちがう所ばかりで
書いては先生から修正をしてもらい
また出して、直して…の繰り返し。

 

ブログは検索だよりのSEOで書くのに対し
メルマガは感情とか気持ちをより込めて
ロジカルに書いていく必要があります。

 

なのですが、最初は要領掴むの悪すぎて時間がめちゃくちゃ掛かった…。

今までカレー作ってこなかった人間がカレーを作れと言われて、「じゃがいもとたまねぎと肉を炒めたものを作っちゃう」みたいな行為をずっとしていました。

 

それでもめげずに繰り返し練習して。

その結果反応がとれたり、

長文で感想送ってきてくれるような読者さんが現れたり

お金払うので教えてください!という事も起こったり。

 

とにかくメルマガはじめてから多くの人に出会えました。

 

・4つの会社を経営する資産ウン10億の経営者さん

・フリーターからブログをはじめて今では月収1200万円稼ぐ青年

・2000万円売り上げてそこからなおも鬼成長して1億の仕組み化に向けて頑張っている青年

・人生どうしよっかなって迷ってた中、派遣社員をやめて月収100万、200万と稼ぐ青年

・日本一の保険営業の実力を持たれ営業のプロ的才能を発揮して月給18万円から1億円になった経営者さん

・本業の経営に疲れて新しいビジネスを…と情報発信にチャレンジして月収500万超えた主婦さん

・育休中にブログに出会い1年で年収100万円上がっちゃって本業でもバリバリ活躍中のキャリアママさん

・20歳ぐらいで5000万円年収を自動化して会社を買ったり、飲食店経営したりしてる超人

・遊びを仕事にして日本中を飛び回りながら人を楽しませ1億売り上げている先輩経営者の方

 

などなど…

本当に沢山の方のご縁に恵まれることができて、その中で成長をできたからこそ今があるって本気で思っています。

 

好んで文章に触れてきた
人間ではなかったが故に
シオリの色がきれいとか、

表紙がかっこいいとか
本の見た目をレビューした
読書感想文を提出していたような人間が。

学校の先生に張り倒されてもおかしくないぐらいの人間が、「積み重ね」をしてきたら

動画や文章を思うままに書いたり
くっちゃべったりしていたら、

自動的にファンが増えていき「会う前からファンでした!」とか、労働時間ゼロでも勝手に商品が売れていったりとかしました。

 

で、その積み重ねの”仕方”の話なんですが、

 

人に学ぶということは

最短距離で成果が出るし

チャンスがあればリスペクトしている人から教わるべきだし

自己投資はやっぱりしたほうがいいな、

というのが個人的な感想です。

 

もし自分だけの力でメルマガ発信してこようと思ったら

たぶん挫折して2年目とかで解約していたでしょうし。

 

今でこそ、

全体の流れとか、フレーズとかを考えて
次につなげる布石とかを意図的に考えて
いろんな視点から考えて組み立てるために
時間をあえてかけるとかはやりますが

メルマガ始めた当時は本当にしょぼすぎて
文章考えることとかもままならず
ただの下手くそで時間もいたずらに
かかっているだけ、みたいな感じでした。

 

はじめて最初に教えてもらった先生に4年前に100万円稼がさせていただいた時の気持ちというのは今もずっと覚えていますし、いまだに感謝もめちゃくちゃあります。

(ただ今はコロナ時期柄、会いにくいというのが残念ですが…)

 

こんな風に乗り越えてきた過去があったので

振り返ってみれば、

「やるしかない」

って覚悟して、
その時その時で一生懸命やって

その時に一番必要なチョイスを選び続けてきた結果、今があるものだと思っています。

 

 

そう、積み重ねていった結果、
乗り越えていくことができて

そのたびに新しい自分に会っていくことができた

という感じです。

積み重ねをしたぶんだけ、階段の段差がなくなり

階段を乗り越えて、

またそのステップで必要な積み重ねをして

またその階段を作って

さらにまた次のステップへ…

 

基本は本当にこんな感じだと思っています。

 

だからですね、

 

 

積み重ねって何をするにも前提として必要だし

目標が大きければ大きいほど

絶対避けては通れない階段てきなものを

登っていかなきゃなりません。

 

でも、本気で乗り越えていこうと思えば

知恵だって時間だって、

無限に作り出していけるとも思うんですよ。

あとは投資による覚悟もそう。

 

副業でメルマガ書いてた時なんかは

仕事の時すらなに書こう、ってなって

家に帰ったら寒い部屋のなかで

指をかじかませながら夜な夜なメルマガ書いたりとか、

添削をしてもらったりとか、

わりとやってきたことは地道なほうだと思います。

 

 

でも、その積み重ねがあったからこそ

今こうやって楽しく豊かに過ごすことができた。

 

先生の力というものも借りてこれたからこそだし、

自分も信じて続けてやってこれたからです。

 

当然、今やってて難しいって

感じることもありますが、

それって成長痛なんですよね。おそらく。

 

この記事を読んでいただいているあなたにも、今やるべき積み重ねがあるのと同じように。

難しい→でもそのうちできる ってなっていくはずです。

 

難しいということは相応の価値があり

最終的にレアな存在になるという意味でもあります。

市場においてレアというのは

結果的に上がっていく売上もでかいし

需要というものが尽きることを知りません。

 

正しい積み重ねをしていけば
乗り越えられると思って
今やってることもぜひぜひ
成功させていって貰えるとうれしいです。

 

今まで教えてきたメンバーも

同じような形で成長をしてきていますので。

 

・なかなか結果が出なかったんだけど、
ちゃんとした方向性で頑張ったら
月収1000、2000万って達成できたりとか。

・色々なコンサルにお世話になってたけど
なかなか成果が出てこなかったって人も
月収100万円予備軍になって
お金の心配から開放されていったりとか。

 

できることが増えて、その結果月収も増えて…

ってメンバーが大勢いらっしゃいます。

 

こういうのを振り返ってみると
「やってるか、やってないか」
ぐらいのレベルだと思ってるし、

今自分が取り組んでいるレベルをやりきること。

 

これがなによりの成長につながるという事を

ぜひ覚えていただけるといいのかなって思います。

 

それを続けられる人が
結果的に人生を良くしていけるし、

マイスピーで入賞させてもらえたりとか
月収100万円とか目に見える成果に
結びついていくのではないか、って思っています。

 

要するに、

 

・続けること

・正しい方法で積み重ねていくこと

 

至ってシンプル。

あとは自分がやるかやらないか。

 

なのでぜひ諦めず正しい方法を継続していっていただけたらなと思います。

 

そして、いつかのマイスピー活用事例コンテストでお会いできたらいいですね。

 

ほんの数年前は普通に社会に出て、仕事をして
代わり映えのない毎日に辟易してた
ただの元自衛官だった自分です。

過去の自分からしたら、
こういう事言ってること自体
ありえない事なんですよね。

 

でも今が凄く楽しいと思えて
ビジネスも上手く行って、という風になれたのは

「やったほうがいい、けど多くの人がめんどくさがってる事」

を積み重ねてこれたからです。

チャンスは平等だと思っています。割と。

 

そのチャンスを掴むために、

他の人がやりたくなさそうな事とかをあえてしていってみるといいです。

 

メルマガのコンサル受けるのに100万円払うとかを自分はやってきました。

もっと成長していきたいので、多分これからもやっていくと思います。

 

普通に考えたらそんなお金使うの
ありえない!って思うかもなんですが

やっぱり高いだけあるというか
自分が知らないことを
全部経験者から学べるわけなので
スピードという点では段違いなのです。

 

迷路を正面からあーでもないこーでもないと
行き止まりを感じながら進むよりも

一旦上空に飛んでみて、
全体を俯瞰することができたら
「あっこうなってるのね」って一目瞭然じゃないですか?

 

しかも何年も何千万と稼ぎ続けられている人に
直接学べる機会があるんだったら

100万って逆に言えばその人の
時間経験を買わせていただけるわけなので
コスパ良いと思います。正直。

 

だから、自分はこれだ!って思ったら

そういうお金の使い方をするし

その金額はまた更に増えていくものと思われます。

 

なので、ぜひ出来る範囲でそういう動きをするというのは意味のある投資になります。

 

あとは、続けること。

 

普通に取り組んでるだけなんですが
まわりで同じように始めた人たちが
勝手に辞めたり、諦めていく世界でもあります。

 

稼ぐ前の人はもちろんだし、

100万とか稼げていても

3割ぐらいしか情報発信を継続できてないって人もいる。

 

さっきもこの記事書く時にふと思い出して、

ある人のブログのURLにアクセスしてみたんですが、

更新がストップしているどころか

ドメインが有効期限切れしていました。

あれ、月収100万ぐらい稼いでたはずなのになぜ…?って。

 

もちろん本人がそれ以外に幸せなことを見つけられていたのであれば、それはそれで全然OKなのですが。

自分で勝手にやめる原因作っちゃって消えて行く人が多いなって思います。

なので主観をへんな形で取り入れると一気に全部ダメになったりします。

 

ブログやメルマガも、

これ続けてったら絶対に伸びるとか思うこともあるんですが

ダラダラだと全然インパクトのある数字が出ないし、

結果もいまいちパッとしない感じになる。

 

結果が出始めたかな?と思いきや

次はまた別のものが流行りだして

中途半端のまま新しい事をはじめてしまう…。

 

そうするとどうなるか?

成果も中途半端になります。

 

ぶっちゃけ、覚悟もって活動してないことって、覚悟の対価といえるだけの成果はまず出てこないんですよね。

 

だから、「この1年は本気で必死こいて頑張った」って時期は誰にとっても、絶対に必要なことだと思っています。

 

だし、今圧倒的な成果を出されている方も
それは沢山のトライや失敗を重ねてきています。

 

まわりの人がそういう人ばっかなんですけど

あと1年2年したらどうなるのか分からないぐらいの変化をしてますよ。それもごく短期間で。

 

だからこそ、まずは続けること。

そして、本気でやること。

勝手にあきらめていく人がほとんどなので続けたもんがちですよ。

 

 

 

それと、マイスピーの事例コンテストに参加させていただいて、もう一つ思ったことがあります。

 

それは、

 

「まだまだ自分はしょぼいなって思ったし、上をみたらまだまだすごい人や化け物ばっか」

 

ということ。

 

そりゃあトップの人ばかりが集まるわけだから

成果がでかい人達が集まるのは必然です。

 

普通はお金を払っても会えないような人たちに
会えるという意味でもレアな会なのですが

 

まあ、すごい顔ぶれ。。。!

 

普通に1億とか通過点として稼いじゃってて

今は社会貢献活動的なことをやっている

みたいな感じの人だっているわけです。

 

そういう人を実際に見る中で

え、ホント?うそー!?

あの●●さんですか?(まさか会えると思わなかった…!)

 

って思う経験をすごくすごく沢山してきました。

 

稼げて嬉しかったり、
自分に対して褒めたこともあったけど

それは幻想だったのかもしれない。

みたいな感じになることも正直この3年間でたーくさんありました笑

 

でもそこでコンプレックスを感じたり、
落ち込んだりは不思議としなくて、

「そういう人がいる」というのを知れただけで
これはこれは結構有り難いぞ、って思えたんですね。

 

体験を通して、よりその有り難みを感じる。

これって人生においてもそういうシーンって割とあるのだと思います。感じてないだけで。

 

たとえば自分はよくキャンプに行くのですが
12月ごろにもなると山は非常に寒く
テントや寝袋も本格的なものにしないと
寒くてキャンプどころじゃなくなるのです。

 

トイレに行くにもテントから出て、

寒くて暗〜い道を歩いてトイレに行くとかします。

おまけに下水の通ってないくみとり式の便所だったりもします。

真夜中に寒い風が吹きすさぶなか、ボットンはまじで恐怖です。笑

 

そんな中でキャンプをするわけなので

家に帰るといかに普段が便利なものか思い知らされるわけです。

厳しい基準値に触れると、普段パソコンを温かい部屋とかでコーヒー飲みながらできるってめっちゃ幸せに感じられる。

や、感じざるをえない。

でもそういう事に直面しないと人間は気づけないというね。

そしてそういう体験もしばらくたつと忘れちゃうとゆーね。

あんときの感情どこいったんやと。

 

大きな病気をして入院しなきゃいけないってなったら

普段ゴロゴロできることに至高の幸せを感じる。

 

こういうのを

「基準値を感じる力」って自分は言ってますが

何かしらの体験で
”ハッ”とさせられることって
結構あると思っていて
こういう感覚はぜひ絶対に大事にしたほうがいいんです。

 

で、

2億3億と自分の10倍以上
稼ぐ起業家さんに会うのも
”基準値を感じるための行動”には
必要不可欠だったりするのです。

年収1000万2000万円って
生きていくうえでは
十分過ぎる稼ぎだと思います。

 

会社を作って節税したりとかすれば
税金のディフェンスもしたうえで
結構いい生活ができますからね。

 

でも、そのなかで同じように一人で事業を回して
もっと大きい金額を稼いで、自由に飛び回っている。

そんな人たちを見たら

「えっ!!??」ってなるし

「一体どうやってるんだ??」ともなる。

そして、「ダサすぎる自分…」ともなる。井のなかの蛙の胃の中の蛙。

 

そして新たなるハングリーを養うことができる。

みたいな感じの感情体験ができます。

 

 

まず、普通に生きてたら会えない人に会える。

そういう意味で、マイスピーの事例コンテストは
めちゃめちゃいい体験ができるイベントだと思います。

 

凄いひとの存在を知るとすごく良いことがあるなと思っていて、それは

「燃え尽き症候群にならない」

ってこと。

 

あれってゴールを体験したときに起こる感情なんですよね。

やりきった!て、あの感じ。

気持ちの良いものだとは思いますが、
やりきった感でると
そっから成長しなくなるんですよね。

 

たとえば月収500円だったけど、いきなり60万稼いだ、みたいな感じになった場合。

今まで「こんなもんか」って思ってるなかで

思っている以上の成果がバン!と出るとどうなるか?

 

・やったー!!

・嬉しい!

・もっと頑張ろう!

 

みたいになることって、結構稀です。

割とそこで一旦ゴールした、やりきった…

みたいな感情がどっと溢れ出てきて
次のことを考えられなくなります。

これって脳科学の世界でも理論的にそういう風になるって実証されてるみたいですよ。

 

ラスボスを倒してこれで終わりか〜ってなる感じと一緒で「次にやること」に対するハングリーさがなくなるみたいな感じ。

一旦お笑いグランプリで大賞とったら、次のネタを考えられずスランプしちゃう、とかのも一緒だと思います。

 

だから、実力不相応以上の結果がでて
宝くじ当たったみたいな感じになれば
そりゃあいきなり燃え尽きますわな、

って感じですよね。

 

たしかに、それだけ稼げたら凄いし嬉しいかもだけど
それで人生クリアしたか?っていったら
そういう訳じゃないはず。

 

燃え尽きの対処法としては

上には上がいると思うべきだし

あえて自分よりもレベルの高い人達がいる中に飛び込む。

 

それが一番の最適解だと思うし、

そうやって今までもやって
成長してきたなあと思っています。

 

あともう一つ伝えたいことがあります!

 

「こういう体験」は、

すでに億単位の成果を出してきた人たちも

何千万と成果を出してきた頃に

同じような経験をしてきたということです。

 

何がどうなってんだ?って思う人達たくさんいますが

同じように「凄い」「自分ダメすぎじゃん」って、皆同じような感情体験をしてきているということです。

 

・25歳で年収1000万になってウェイってなってたら20歳で会社立ち上げて、3年で会社を売却して億稼ぐ人に出会っちゃうみたいな

・ドラクエ6でデスタムーア倒したと思ったら裏ボスのダークドレアム強すぎみたいな

 

2個目のほうはマニアックなので申し訳ないのですが、まさにそんな感じなのです。

 

で思ったんですよ。

今すごい人達も同じように過去にジレンマ抱えて生きてきたんだなって。

 

最初から天性の才能でやってきた訳じゃなくて、そういう葛藤を味わってきてたんだ、それで今があるんだなと知れただけでも物凄い価値があると思いました。

 

超前向きに捉えたら、今自分が
その人の過去を疑似体験できている
という訳でもあるわけだからね。

 

これはもう本当にどうしようもないのだけれど

ビジネスの世界というのは化け物みたいな人が大勢います。

会ったことないだけで。

みたことないだけで。

 

オンラインゲーム普通にやってたら仲間とワイワイキャッキャでザコ敵と戯れて楽しーねってなるんですが、めっちゃ強い裏ボスに会えるクエストではLv200の指折りランカーでも苦戦するみたいな。

 

1000万円ぐらい稼げてきて、頑張ったな、って思うも

同じ金額月収を1ヶ月で稼いじゃう人だっている。

毎月稼いじゃう人だっている。

 

そんな中で、
うわっ、全然しょぼいじゃんという葛藤のなか
自分を奮い立たせて、何千万の世界から
桁を1つ2つ上げて1億10億までやってきた
って人が大勢いるということです。

 

昔の話を聴けば
うまく行かない時期を相応に経験していたり、
貧乏で泥水をすすったようなエピソードがあって
そう、めちゃくちゃに勇気をいただけるのです。

 

そりゃ、それだけアツいものがあったらそれぐらいの目的達成できて当然だわな。って。

 

やっぱ大きく稼いでる人ってアツいんですよ。

理念のすごさとか覚悟とか、言動とか知識とかがポッと出の起業家とは別格だなって、話して一言二言めですぐ感じます。

 

でも最初からできたわけじゃなくて

一時期は精神と時の部屋のようなところで修行を積んだり、何百万円と1日につぎ込んでコンサル受けていたりという事実もあるんです。

 

ここは自分も嬉しかったですね。

「ああ、同じように誰かに学んでるんだ!」って。

その人のセンスだけで成り立ってたら
もう諦めるしかないかって思うんですが

同じ成長アプローチを取ってきたって所で
すごく親近感も感じたし、
まだまだ可能性あるから頑張ろ!

って風にもなれます。

 

 

そういう感情を味わわせてもらえて、非常に自分は有り難いし、ラッキーだとも思えた。

そんな事を、改めて表彰式の経験で感じられました。

 

もちろん

自分が「このぐらい」って思うところで
あとはのんびり過ごすのも本人が幸せなら
それはそれでアリだと思ってます。

ある程度お金があれば、
生きていくには困らないですからね。

 

でも、どうなんでしょう?

まだ成長出来る余地があるのに対して

「これでいっか」ってなるのは、
すごくもったいないというか

今後の自分の可能性を見殺しにしちゃってるのと同義というか。

 

自分も時々、
地元の銀行でも営業マンさんとかに

「一人でこれだけの利益出すのって凄いですね!」

みたいに褒めてもらえる事もあって
非常に嬉しいんですけれど

そこで天狗になってしまうと終わりだと思っていて、自分の将来の成長の機会をみすみす見殺しにしてしまうかもしれないのです。

あーもっとやれたのにね自分。

って、後で後悔と負け惜しみのダブルパンチを好き好んで味わうというスタイルはダサすぎワロタってことなのではないのかなと。

少なくとも自分がもっと成長したい!と思ってるのであれば。

そう自分に対して説教をした、そんな1日でもあり、3年でもありました。

まとめ

3年連続で受賞できたのは
うれしいな、ありがたいなぁと感じます。

でも本当の成長ってそこじゃないと思っていてですね。

まだまだやりたいことが沢山あります。

 

今回、3回めの受賞をいい節目に、今後に向けても

どんどんレベルアップしてやり込んでいきたいなと思います。

 

 

まだ人生長いし、やったことないビジネスもある。やったことない投資もある。

非常にもったいない、まだまだ。

もちろん、この記事を読む人の中には
目先の生活をまずは立て直す必要がある、
って状態でもあるかもしれません。

 

だからいずれの場合にしても、まずできることを必死に最大限に、ですね。

そのうえで、さらに上に一緒に上り詰めていけたらなって思います。

 

↓入賞者にプレゼントいただいたパーカー。こちらもかっこよいです。どこでも買えるわけじゃないプレミア感がいいですね。

いまでは会社経営をしているまっしーですが、

  • コミュ障だった中学時代
  • 高校では父親がガンにかかり
  • 社会人ではブラック企業で働き詰め
  • 自衛官の時にはパワハラに絶望

と、それなりにしょっぱい経験をしてきました。

 

でも、やろうと思えば誰だって、いくらでもやり直せると思っています。

 

そのために何を学ぶべきか?というと
個人でビジネスを学ぶこと一択だと思っています。

 

変化のはげしい時代だからこそ
自分のなかに揺るぎない軸を
もてる訓練を今日からぜひ一緒にやりましょう。

私は、無料メルマガを運営しているので、ぜひ少しでも人生よくするきっかけになれたら嬉しいです。

・ビジネスは誰にでもチャンスがあるということ

・毎日ヒマになって新しいことに挑戦し続ける楽しさ

・自分を売り込むマーケティング能力の身につけ方

・人生を200%楽しむための「情報発信」を身につける力

 

メルマガではこういう事を話していきます。

有料セミナーなどで配布していた動画も7個以上特典としてプレゼントしていますので、ぜひ手に入れてみてください。

→ メルマガ講座登録はこちらから

当ブログの人気記事

近況
massyをフォローする
RELIFE|サバイバル社会を生き抜くための”サバカツ知識”を発信します

コメント

タイトルとURLをコピーしました