嫁ブロックを回避・対策して夫婦関係を健全化する8つの方法

2016-06-04_131046

家族がいる方で起業・転職やビジネスへの挑戦すると
立ちはだかる課題に嫁ブロックというものがあります。

独身でビジネスを行うのであれば簡単ですが
嫁ブロックは回避方法を知らないと
不仲になるばかりか離婚などに発展します。

健全に人生を歩むこととは程遠い…
そんな将来となってしまうことでしょう。

前提として、
生物学的にも女性は男性より冒険しない
安定を求めるというところもあります。

なので一見不安定に見える起業や転職に対して
抵抗を感じられるのはある意味普通でもあるんですよね。

しかし、それは取り組み次第で上手く解決できます。
やり方さえあっていればむしろ協力だってしてもらえるのです。

むしろ家庭で効果を発揮する「7つの習慣」

今回はスティーヴン・コヴィーの名著でもある

「7つの習慣」

から、私が過去にクリアしてきた方法や考え方をシェアしていきます。

この本は毎年のように
新入社員に推薦されるビジネス書なのだそうです。

が、実際は家庭を持った時の方が
その本来の効果を発揮しやすいです。

なぜかというと、家族は自分が持てる
一種の組織のようなものだからですね。

会社で社員が主体的に…といっても限界があります。

家族であれば最終決定権はあなたにあるので
本が持っている効果性を最大限発揮できる、ということです。

なのでもしもあなたが既婚の場合
もしくは結婚しようと考え
独立や転職も考えている場合。

今回の考え方や事例を参考にされてみてはいかがでしょうか?

1.できる所からコントロールする

人間はスイッチがあべこべについていて、
反対されると意見を押し通したくなるものです。

しかし、自分の意思が及ばないもの(たとえば配偶者など)に無理やり言い聞かせても、結果としていい方向に働きかけるとは言い切れません。それだと常に摩擦が生じます。

なので、変えられるものから変える。

私のメインテーマでもあるのですが、

「できる所から人生をコントロールする」

という方法がこれにあたりますね。

私の場合はとにかく聞くがわに専念することで、
相手の心情を聞き出したりして
足りない部分を補うためのトレーニングをしていきました。

2.イライラは客観的に捉える

怒らないことは重要です。

相手がいうことを聞いてくれなかったり、
自分の意思とは反することを行ってしまうと、
ついつい「なんで分かってくれないんだ!」と思ってしまうものです。

でも、それでは普通すぎます。

普通じゃないところを目的とするのならば、普通なことはしないことが重要ですね。

ではどうすればいいのかというと、「1回深呼吸」をします。
そして自分がイライラした事に対して

  • 「なんでイライラしたんだろう?」
  • 「そもそも反対する理由はどういうところにあるんだろう?」
  • 「自分はケンカを求めて独立や就職を目指しているわけじゃないけど、なんで怒れる感情を持ってしまったんだろう?」

という感じで、相手の立場を考える、
配偶者と自分のやりとりを横から見る
というイメージでやっていきましょう。

感情に流されてしまって相手との関係性を悪化させては先行きも明るくないですし、相手や自分の感情や反応を客観的に見ることは何事も上手く活かす上で非常に重要な視点です。

3.起業や転職の最終目的は何?

配偶者に起業や転職をした将来のビジョンを伝えましょう。

そして徹底的に話しましょう。

たとえば「平日に家族みんなで空いてて安い旅行を満喫したいから」みたいな、家族を巻き込んだ理想の将来をイメージさせるとメリットが伝わりやすいです。

私の場合も同じように将来のビジョンを伝え
結果につながる作業時間を確保できています。

もちろんお金が目的でもありますが、
お金が手に入った頃に一家離散とか笑えないですからね。

同様に、脱サラ飲食店経営で一発当てる!
という博打な考えも相手には同意を得づらいです。

4.最優先事項をひたすらコツコツ

起業や転職で最も課題であり
最も問題になる部分が金銭的なポイント。

夫婦と子供一人で生活する場合、
どこかに部屋を借りると年間500万円ぐらい必要です。

ほかにも税金や控除、家を建てた場合に住宅ローンの支払いなんかもあるのでこれぐらいはあったほうが安心できます。

なので、将来的に年収500万円を理想のラインにするための積み重ね作業が必要です。

作業時間を工面する事ができたのなら、
とにかく年収500万円を目指すための時間の使い方をしましょう。

ブログで記事を書くのなら記事を書くことだけに専念して、他の娯楽は捨てることです。

関連記事 → 捨てる考えをもつ

ある程度結果が出てからのほうが
健全に趣味や楽しいことに時間を費やせるでしょう。

それまでは修行期間、自分との戦いです。

また、結果が出ない理由を外部に求めるのではなく、
まずは自分に原因がないか考えてみましょう。

作業時間の自分の作業内容を振り返るところから始めるといいです。

5.常にWinWinで。

相手にとって不利になる条件は良くありません。

自分が損をこうむる関係も作らないようにしましょう。

要するにお互いが勝つことです。(WINWINの関係ですね)

どちらかが不利になってしまう条件は提示しない、
もしくは同意させないようにしましょう。

自分や相手のどちらかにストレスが偏ってしまうのは良くありませんからね。

  • 稼いだら思う存分オシャレさせてあげたい
  • 良い美容院に連れて行かせたい
  • 旅行に連れて行ってあげたい

などの約束を述べましょう。
こうやって相手の欲求を叶えることをメリットにしてもいいですね。

あとは家族の時間を増やせる、
時間以外も余裕のある暮らしができる、

といった形で、自分だけではなく周りにもメリットが及ぶという点をアピールします。

6.相手の言い分を理解する

起業や転職を反対された場合、
何らかの理由があります。

その理由の代表的なものはお金の問題なので、稼いでしまえばほぼなんとかなる場合が多いですね。

あとは仕事場所への通勤時間や子供の通う学校の問題などですが、こちらはネットビジネスの場合であれば電波の届かないところでない限り地理的な成約を受けることはありません。

それ以外には住む場所や周りの環境に関する問題などがありますが、これらも同様稼げさえすれば解決するものがほとんどです。

7.相乗効果を意識する

意識したいのは嫁ブロックではなく、嫁シナジーです。

自分ひとりで反対を押しのけてアレコレ挑戦するのは疲れます。

何より将来の関係悪化にダイレクトに影響してしまいます。

ですので、自分も協力しつつ相手に協力してもらいながら話をすすめるようにするといいでしょう。

独立であれば1年目の計画を話して伝えてみたり、副業に挑戦する時間が欲しければ協力して時間をとらせてもらえないか相談することが重要です。

そして相手の同意を得るために効果的なことは
目標を数字で管理することです。

「3ヶ月後に10万円稼げなかったら諦める!」とか、「1年後に100万円稼げなかったらもうやらない!」という限界線を作ることで相手からの理解も得やすくなり、結果もそのほうが出やすくなります。

8.フィジカル・メンタルを鍛える

「健全な精神は健全な肉体に宿る」という有名なことわざがありますが、これは本当にその通りなんですね。

身体は本当に面白い仕組みをもっていて、運動せずに作業に没頭していると作業は進んでもアイデアが出ない時がよくあります。

作業自体はひたすら量をこなす時場合、ずっと座ってキーボードを叩いていてもいいのですが、アイデアを出すために運動をすることは体調管理も兼ねた効果的な方法です。

あとはアウトプットしたらインプットを行うために、筋トレをしたり体験を増やしたり、読書をしたりコンテンツのリサーチをすることでふとしたネタが降ってくるようになりやすいです。

ブログの記事なんかはそのお手本で、実生活で困ったときに検索した言葉がそのままネタになったりする事もありますからね。

情報を得て、新しい視点を生み出すためにコミュニティやセミナーに参加する・読書をする・コンテンツを読み漁る。

外部からの知識をどんどん脳みそへ取り込んで作業へ昇華させていきましょう。

まとめ

嫁ブロックとはよく言うものですが、
意思の疎通や説明が不徹底である場合に
起こりやすいものです。

生活が変わる不安があるからブロックが働くのであり、そのブロックの要素を1つ1つ丁寧に話し合って取り除く作業が必要。

ブロックを取り除く作業はビジネスと実はリンクしています。

これができないと相手の同意はおろか、
誰かを説得して商品を販売してもらうことすら難しいです。

(聞く耳を持たない相手には難しいですが…。)

相手に言葉に乗せて伝えられるぐらいの計画を練られていないのならば、自分も納得していないまま起業や転職をスタートすることにもなりますし、納得してもらえるイメージを伝えることが重要ですね。

話をきいてもらえる身近な相手、
特に家族を説得することから始めて行きましょう。

この記事がゴミだと思ったら下に進んでください。ただ、もしも1ミリでもこの記事がお役に立てた場合には、シェアボタンを押して頂けると大変励みになります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらのSNSでも活動しています!

まだ「メルマガ作戦会議室」に参加していない方へ


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

トップへ戻る