hash365の危険性や仕組みを検証!効果や使い方と無料で退会する方法

SNS
まっしー
こんにちは。

私はグーグルアドセンスを中心としたネットで収益を上げる方法を実践したり、お教えしているのですが、その中でもたびたび記事に出てくるアドセンス広告には目がいってしまうもの。

中にはスルーするものもあるのですが、物によっては

「おっ!」

となるものも存在するのです。

それが今回の記事ネタにもなった「Hash365(ハッシュさんろくご)」というもの。

この記事をご覧になられているあなたもどんなツールなのかな?と思って検索をかけ、この記事にたどり着いたと思いますが、これは

「SNSのインスタグラムからの集客を狙った、自動フォロー&いいねをするためのツール」

といった機能を備えているもので、自動的にお客さんを増やす集客ツールの用途で使うものです。

ただ、あなたがご自身の商品の販売・集客を目的のためにHash365を使われているのであれば、これだけだと不十分な場合もあるかもしれないな、と思うのが正直な感想です。

今回は、私もこのHash365を使ってみた中で気になった点として

  • 危険性はないか、安全なのかについて
  • 効果的な使い方について
  • 無料期間だけ使って退会する方法について

といったことを中心に紹介していきつつ、集客ツールとしてどのように使っていくべきか、安定して集客するためには「ブログ構築」も欠かせない、という点についても紹介していきます。

まっしー
インスタグラムのフォロワー増もいいですが、メイン媒体も構築しましょう!

Hash365は危険性があって怪しい?使ってみた正直な感想

このツールを使おうと思われている方の中には、

Aさん
「なんか怪しい……。」
Bさん
「危険性とかないの?ちょっと胡散臭するぎんだけど」

みたいな事を考えられている方もいらっしゃると思います。

実際、無料で使えるツールですし、あとからいきなり有料プランに移行しちゃったりしないの?みたいに思われることもあるでしょう。

私も最初にこんな広告を見た時には「ん??」と思いましたが、使い方を誤らなければ超優秀なツールだと思います。

2017-05-25_115828

 

ざっくりとお話すると、このHash365というものは

「インスタ内で、自動でいいねやフォローを繰り返すツール」

という特徴があります。

 

もっというと、

「自分のお客さんやファンを集めたい場合にはちゃんと使えばお客さんを集客出るツール」

という特徴があります。

なので、危険性があるか?と言われれば、
特になにもないよ??という事になりますね。

仕組み的にはツイッターやFacebookなど、他のSNSでもよくあるような集客ツールと同じような機能をもったものだと言って良いでしょう。

ただ、このツールの使い方を誤り、無差別にフォローを繰り替えしたりなどするユーザーが増えて来たとしたら、別のリスクも出てくる可能性もあります。

「最近不特定多数の人にフォローされて困っています」

というクレームがインスタグラムの運営元へ届くことが増えてしまうかもしれません。

その場合は、正しい使い方をしなければ、このツールを使ったことによって、自分のアカウントが凍結(使用不能)になってしまうリスクも考えられます。

まとめると、使い方を誤った場合の危険性としては

  • 相手からフォローやいいねを不自然に思われる可能性がある
  • 場合によってはアカウント停止(凍結)のリスクも考えられる

ということを念頭において使ったほうがいいです。

 

また、そもそもとしてツールに依存するような集客の仕方はおすすめできません。

たとえばツイッターなんかでも、何年か前に自動フォローツールの「フォローマティック」が有名でしたが、あれも一緒で最初のころはバンバン使っていた方もいました。

一方で自動フォローなどのツールによって迷惑のかかるケースが増えたため、アカウントが凍結されることが増えてしまったんですね。

全員が全員、そういった「悪い使い方」をしている訳ではないのですが、悪い使い方をしてしまう人が増えていったばかりに規制強化→真っ当に使っている方でも凍結を食らってしまったり、ツール自体が淘汰されてしまう、なんて事が起こりました。

なので、あくまでおまけ程度として、正しい方法で使う、ということが基本マインドとして重要でしょう。

何事も、「過ぎたるはなお及ばざるが如し」です。

口コミはどんな感じ?

ここまでは私の主観の意見でしたが、実際の口コミなども一通りチェックしてみることにしました。

ただ!

まだあまり有名ではないツールのようで、そこまで情報は出ていません。

ただ、インスタグラム内では結構な頻度で広告なども出てきていますので、認知度はSNSごとによって大きく異るみたいです。

これはよくある現象だと思います。

 

たとえば万国共通のハッシュタグの場合、他の国籍の方のフォローやいいねを自動的にしてしまうからですね。(バイクのモデル名や英語の略語、英語スペルのハッシュタグなど)

 

また、こういったツイートをしている方もいらっしゃいました。

 

2017年にこの記事を書いてからしばらく経過しましたが、今となっては凍結対象になるツールだったり、使えなくなったりという現象も起こっているのかな、という状況です。

自動集客ツールとしては優秀かも

Hash365のメリットは、最初にハッシュタグを設定しておけば、あとは放置していてもフォロー&フォロワーが増えていく所にあると思います。

(ただし、闇雲にフォローを増やしまくってもいいという訳ではありません)

Screenshot_2017-05-25-10-45-32

こんな感じで、

  • 自動いいね
  • 自動フォロー
  • 自動フォロー解除
  • フォローバック

といった一通りの機能も備わっていて、しっかりとターゲットやペルソナを考えた上で使用すれば「自分がターゲットにしたいと思っている見込み客」の方をフォローすること自体は、自動化することができますね。

効果的にHash365を活用する方法は?

では、具体的にHash365を使って集客力を高めていくためには、どのように活かしていけばいいのか?という話をしていきますね。

たとえば、

もしあなたが美容師さんのお仕事をしていて、
お客さんを効果的に増やしたい!
と思っている場合…。

この場合はHash365の管理画面にて、美容院に対して興味のあるユーザーの入れそうなハッシュタグを入れていくという形をとっていきます。

たとえば、

  • #髪切りました
  • #(美容院名)
  • #ヘアエステ
  • #枝毛ケア
  • #ヘアアレンジ
  • #(ヘアアレンジの名前)
  • #ブリーチ
  • #トリートメント
  • #縮毛矯正

とかですね。

あくまでもザックリとしたものですが、

自分の集めたい理想のお客さん(ペルソナ)を意識して、フォローしたり、いいねしたい属性を絞っていくイメージです。

ペルソナをフォローする、いいねをする

Hash365を効果的に使うためには

「ペルソナ」

をしっかりと意識していきましょう。

ペルソナは「自分にとって理想のお客さん・読者像」であり、集客をする上では非常に重要な視点となります。

たとえば、このツールを使っている美容師さんが全く興味のない事を発信しても意味がありませんし、

「インスタグラムを使う目的=自分の美容院への来店」

だとした場合には、Hash365を活用して髪のことで悩んでいる人・興味や関心がある人を集めて来る必要があるよ、という事です。

実際の具体的な手順を例に挙げるならば、

  1. Hash365でフォローしたい属性であるハッシュタグを考える
  2. ヘアケアやヘアセットなどに関するキーワードを含んだハッシュタグをつけて投稿しているユーザーさんに向けて、あなたはフォローやいいねをして関係性を作る
  3. あなたのアカウントページに商品のリンクだったり、サービスを紹介しているサイトを掲載し、興味を引いていく
  4. 実際に提供するサービスと、集めてきたユーザーさんの興味が一致すれば購入、検討される

といった流れになります。

私が実際にHash365を使ってみたときにやっていた事

たとえば私が試しにHash365を使ったときには、

「自分はバイクが好きな人を集めてみたいな!」
「そのうち何人かが自分のブログに来てくれて、メルマガにも興味をもってくれたらいいな

という想定で、バイク含め自分の趣味中心のハッシュタグを入れてみたりしてました。

 

こんな感じですね。

Screenshot_2017-05-25-10-45-23

このタグでは

  • 自分が乗っているバイクの車種名
  • バイク などカテゴリの意味をなすキーワード
  • 平日休み、など時間の自由を表現するキーワード(ただ、土日仕事で平日休みの人は普通にいるので、これはちょっと安直でしたが…!)

また、ハッシュタグの設定をする時には、普段投稿する画像なども属性に合わせるべきでしょう。

たとえば「お客さんが集まりそうだから…」という動機でハッシュタグだけ美容系とか、投資系の話ばかりで、実際の写真がラーメンだったら属性の差が開きすぎていて、興味を持たれることはありません。

  • 「自分の集めたいペルソナが使うハッシュタグか?」
  • 「そのペルソナに合致した投稿ができているか?」

これらをしっかり考慮した上で、Hash365を使っていくべきですね!

無料期間中に退会するやり方は?

このHash365、今はサービス初期でお客さんも少ないために広告をバンバン打っていますし、無料期間も設定されていますが、

「無料期間からいきなり有料期間になるんじゃないの…?」

 

という事を考えられている方もいるのではないかなと。

私も実践してみて実際にチェックしましたが、無料期間終了後は任意で有料プランを選択しない限り勝手にお金がかかることはありません。

 

私のもとにも無料期間終了後にはこのような通知メールが届きましたが、任意で有料プランを選択しなければ勝手にお金がかかるプランには移行されません。

メールには有料会員へのオファーと、お試し期間中のフォロワーや良いねの推移をチェックできるようになっていますね。

2017-05-26_12h10_54

また、これ以降やたらと押し売りをするようなメールなどは一切届かないので、もし必要だと感じたら有料プランを検討する、というイメージです。

 

なので無料期間に好きなだけ使ってみて、実際の使用感を確認した後に有料プランを検討し、期間延長することを検討してみるのもいいでしょう。

 

ただ、「集客の要となるメディア(ブログなど)」は必ず用意しておくといいですね。

まとめ:SNSだけではなく、ブログなど拠点を作っておく!

また、SNS媒体だけで長いことお客さんを集めるのは限界があります。

というのも、濃い人間関係を構築するのには、
インスタはあまりにもカジュアルすぎるから。

短文でのやりとりしかできませんし、そもそもとしてインスタを使うユーザーの目的や趣旨とはかけ離れたことをしてしまうのは意味がありません。

それに、万が一インスタグラムが使えなくなった時点でそのビジネスはアウトになってしまいます。

  • いくら自分が今まで手をかけて育ててきた媒体だろうが
  • いくらフォロワーがいようが、

他人が使っているプラットフォームなので削除されてしまったらそこで試合終了です。

そこで大事になってくるのが、インスタなどSNS経由での登録から、ブログやメルマガなど運営上の都合で削除されない、長く続けられる媒体をもっておくことです。

たとえばインスタでフォロワーさんを増やしていく段階で、ブログへの誘導URLをプロフィール欄に掲載しておけば…。

ブログで用意しているコンテンツをしっかり読み込んでいただけたり、そこからファンになって頂けたり、価値を感じてメルマガ登録につながったり…という風に、どんどん密なコミュニケーションができるようになっていきます。

 

また、そもそも前提として

「SNS集客をアテにしたビジネスに偏り過ぎていないか?」

という事も考えるべきでしょう。

インスタやツイッターなどは、気軽に発信できる媒体でもあれば、拡散などを通して爆発的に知名度を高められる可能性があるツールです。

しかし、前述の通り削除されるリスクもあります。

また、そもそもとしてSNS集客が向いていないな…と思うのであれば、ブログを使って集客・収益化する方法を学んだほうが楽しく効率的にビジネスを加速させることもできるでしょう。

現に私もブログを中心とした収益化をする方法を実践していたり、生徒さんに実践してもらったりしています。

ブログについて詳しく知りたい場合は下記の成功事例や、具体的な取り組み方の例をチェックしてみてくださいね。

→ まっしーのブログ実績

→ お客様の声

→ 【基本基礎】ブログアフィリエイトを活用して集客・収益化するためのノウハウまとめ

 

ただ単にインスタグラムのフォロワーやいいねだけを増やすのではなく、しっかりとメインの媒体も構築して、安定したクライアントさんの獲得につなげていくべきでしょう。

万が一、インスタがサービス終了したり、アカウント凍結してしまったら…というのを考えると、それは「砂のお城」に住んでいるようなものですからね…。

 

ちなみに私の運営している「メルマガ作戦会議室」では、クライアントさんを安定して集め続ける資産ブログの構築方法や、副業規模から毎月月収10万円稼ぎ続ける方法なども伝授している「サバカツ」をプレゼントしています。

『いまインスタグラムだけの集客だけだし、いまいち伸び悩んでるな…。』
『正直今実践しているこのノウハウで結果が出るのか分からないから、また1からちゃんと集客を学んでみたい』

という場合には必ずお役に立てると思いますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

コメント

  1. よしの まいお より:

    これをして、無料が終わってメールが来てそのまま放置しといたら、大丈夫ってことですよね??

    • massy より:

      こんにちは。
      そういうことになりますね!

      私が試した当時とは若干仕様が異なっているかもしれませんが、変わっていなければ無料期間終了間際に、「継続しますか?」みたいなのを確認するメールが届きます。

  2. 匿名 より:

    大変参考になり、分かりやすい文章で、助かりました。ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました