こんにちは。massyです。

自分のブログで一通り記事を作成できるようになったら、外注化を実践してみるのに良いタイミングかも知れません。

外注化に上手く行けば、
1日に大量の更新をすることができ
キーワードや記事内容が良ければ
効果的にアクセスを増やすことができます。

では今回は、外注化を始める際のポイントと事前に準備する方法について、ブログ記事ライターさんを募集する内容を中心にお届けしていきますね。

外注化は組織化の第一歩

外注化を実践する事ができれば、
効率的に作業を進める事が可能です。

仕組みさえ整えば1日20記事以上を更新することも可能ですし、それ以上の記事を更新することもできるようになります。

質に意識してもらって内容の濃い記事を納品してもらうことも可能です。

または自分はネタ探しだけに徹して、タイトルを組んでもらったり、ブログを渡して置くだけで記事リサーチから記事作成まで一環してやってもらう事すら可能になるんですね。

ただ、外注化を始める事は簡単なのですが、
必ず立ちはだかる問題をクリアしていく必要があります。

外注化に際して起こる問題や悩みとしては、以下の点が挙げられるでしょう。

  • 募集の方法がわからない
  • 募集がうまくいかない
  • 採用がうまくいかない
  • 納品記事の質が低い

などなどがありますね。

やっぱり他人に「書く」という表現を頼りにするお仕事である以上、自分の求める品質のものが納品されない、という点は改善したいです。

また、採用の段階で人が集まらなければ外注化をはじめようにも始められないため、採用も工夫して行っていく必要があります。

外注化は採用と教育を効率化する

外注化を成功させる要因は、

  • 「採用」
  • 「教育」

この2つをいかに上手くいかせるか?という点にあります。

自分がイメージした通りに動いてもらうことができれば非常に楽に仕事が進みますが、中にはうまくいかないケースも採用後に起こることがあります。

そのため採用を正しく行い、教育も楽に一定の水準まで強化していく必要があるわけですね。

採用を成功させるためには募集文の作成から行います。

募集文を作ることは入り口を作ることと同じことなので、魅力的に、かつ楽しそうな仕事を演出する工夫が必要になります。

(仕事内容もできるだけ楽しませる工夫があるといいです)

教育を成功させるためには
丁寧なマニュアルの作成を行います。

記事作成のマニュアルには自分で記事を書いていたときの工夫やコツ、やり方などをシェアしたり、基本的な作業方法について体系的に説明していく必要がありますね。

最初に作り上げるのはすこし時間がかかるかもしれません。

でも、ひとたび仕事が回るようになれば
効率的に稼げる記事が増やせますし、
とてもオススメな方法と言えます。

出来る限りいい人を集める

そしてもう一つの採用を成功させるポイントがあります。

それは、「出来る限り採用の時点で優秀な人を集める」

という事ですね。

教育に必要以上の時間がかかれば掛かるほど、
納品される記事のスピードも落ちてしまいます。

また、人間の基本となる部分は外注化の教育では変えることが難しくもあります

たとえば25歳まで生きているのであれば
25年分のクセや人格を数日・数ヶ月で変えることは
大きな労力や時間、あとは本人の意思が必要だからですね。

だからこそ、教育の手間を省きたいと思っているのであれば、優秀な人が集まるように採用を工夫していく必要がある、ということです。

または、最初は記事の内容が良くないと思っても根気よく育てる甲斐のある方であれば時間をかけてじっくり付き合っていく、という方法もいいでしょう。

まとめ

外注化は最初こそ手間がかかりますが、効率よくブログの記事を増やしたい、という場合には特にオススメの方法になります。

難しい前提知識は不要で、基本的には

「もしも自分だったらどんな仕事ならやりたいと思うか?」

と思う要素をそのまま募集や教育に反映していけば進めやすくなります。

相手にとって、自分にとってプラスになる関係を築きながら、外注化を楽しんでいけるといいですね!