関連コンテンツの出現条件は?広告掲載基準と収益効果も注目

1ミリでもこの記事が好きになった・お役に立てた場合には、シェアボタンを押して頂けると大変励みになります!

2016-11-13_171837

どうも!massyです。

アドセンスの広告には「関連コンテンツ」といったものが存在するのをご存知でしょうか?

アドセンスをしている人の中でも、特定の条件を満たした人にのみ使うことを許された関連コンテンツなのだそうです。

そして、

この関連コンテンツの存在、以前から噂には聞いていたのですが、なんと自分のアドセンスブログでも使えるようになりました!

今回は、アドセンスの関連コンテンツ広告の効果や特徴、掲載できる条件などの情報をまとめていきたいと思います。

関連コンテンツとは?

まずは、

「そもそも関連コンテンツの意味って何?」

という所からお話していきますね。

関連コンテンツは、Googleアドセンスを掲載している人の中でも、ごく一部の人にのみ運用することを許された広告なのだそうです。

ネットサーフィンをしたり、ブログの記事リサーチをしているとき、こんな見た目の広告をみたことがあると思います。

(※ボカシを入れています)

2016-11-13_172621

こんな感じで、関連記事と広告の表示されているバナーが関連コンテンツになります。

関連コンテンツは、Googleアドセンスの広告をつかって、自分のサイトの関連記事を表示することができる機能になります。

ちなみ上の画像では「広告」という文字がついている部分が、アドセンス広告と同じようなクリック広告になっています。

関連コンテンツの主な効果は、

  • ブログ内の回遊率を上げられる
  • 広告を自然にクリックされる

といったメリットがあるとされています。

また、関連コンテンツのユニットは段階的に機能が拡張されるようになっており、

  • 第一段階:関連記事だけを表示させるだけのユニット
  • 第二段階:関連記事に加えてクリック広告も表示されるユニット

という感じになっているようです。

私の場合はまさにそんな感じで、最初の段階では関連記事のみの表示で、その後広告も関連コンテンツのユニット内に含めることができるようになりました。

関連コンテンツには様々なメリットがあり、

  • プラグインを使わなくても関連記事が出せる
  • 関連コンテンツ内で自然にクリックされやすくなる
  • 表示される関連記事の精度が高い
  • サイト内のPVの底上げにつながる
  • 通常のアドセンス広告としてカウントされない

などなどの効果があります。

Google公式の統計情報を参考にすると、

  • 平均PV数が9%向上
  • 滞在時間が10%向上

などの効果が見込めるとのこと。

特に難しいSEO対策などせずとも広告を貼り付けるだけでそれぞれ10%ほど向上するのは、なかなかに魅力的なのではないかと思われます。

関連コンテンツの出現条件は?

ここまで関連コンテンツの特徴などについてお話していきましたので、続いて関連コンテンツの出現条件について。

関連コンテンツについてはGoogle独自の掲載基準があるようで、現在その明確な掲載基準や出現条件は公表されていません。

関連コンテンツが自分のサイトで使えるようになると、

  • 関連コンテンツを掲載できるドメイン
  • 関連コンテンツのチュートリアル

がアドセンスの管理画面に表示され、関連コンテンツユニットを配置できるようになります。

こんな感じですね。

2016-11-13_164857

このような形で、関連コンテンツの広告ユニットが作成できます。
(※後述しますが、最初から広告を配信できる状態にはなっていないようです)

2016-11-13_165207

この関連コンテンツ、いったいどうすれば表示できるようになるのか?

以下、Googleの公式ページにて記述されている内容を紹介します。

関連コンテンツを利用できるのは特定のサイト運営者様だけです。 ご利用いただくには、サイトのトラフィック量とページ数の最低要件を満たしている必要があります。関連コンテンツによってユーザーに優れたエクスペリエンスを提供していただくために、この要件を設定しています。関連コンテンツ ユニットを作成できるかどうかは、AdSense アカウントの [広告の設定] ページでご確認いただけます。

参考元:https://support.google.com/adsense/answer/6111336?hl=ja

ということらしいです。

つまり、明確な数字などはなく完全にアドセンスの担当部署で関連コンテンツを許可するかを判断していることになりますね。

  • サイトのトラフィック量
  • サイトのページ数

この2つはまず見られるといっても間違いありませんね。

自分のアドセンスアカウントで関連コンテンツを使えるか確認するためには、広告の設定ページにて確認することができます。

初回の案内時にはアドセンスの初期画面に表示されるので、よほど見落とすことはないと思いますね。

また、関連コンテンツは保有しているサイトの中でも、Googleから掲載の許可をもらったサイトにしか掲載することができません。

対象外のサイトに広告コードを貼っても関連コンテンツは表示されませんのでご注意を!

ちなみに、

参考として、私の関連コンテンツ表示許可をもらったサイトについては

  • 月間40万PV
  • 記事数400
  • 運営期間1年と8ヶ月

ぐらいの状態でした。

なので、月収10万円を突破しているアドセンスブログであれば可能性はあり得る、ということになりますね。

また、今回関連コンテンツユニットが使えるようになったブログの記事の内容としては、芸能系ではなく、生活雑学やライフハックに関係したような記事がメインのブログでした。

使ってみた効果と感想

関連コンテンツを導入してみた感想ですが、かなり便利ですね。

プラグインを使わなくても関連記事が表示できるので、サイト内を高速化、コンパクト化することができました。

なにより訪問者の方に
自然に広告を見て
クリックしてもらえそうです。

関連記事も出てくるので、回遊率や訪問者の満足度も上がりやすいのではないかと思います。

また、最もキモとなるクリック数やPV数についても底上げされている印象があります。(まだ育てているブログなので基準アクセス数に若干の変動はありますが)

関連コンテンツを掲載した当初は、広告の表示精度が悪く感じたものの、1週間ほど使ってみると表示される関連記事に変化がみられ、徐々に精度が上がることが確認できました。

たとえばキャンプの火おこしのやり方の記事を書いたら、前まではデスボイスの出し方の記事が出ていたのに、精度UP後にはオススメのテントの選び方が表示された、という具合です。

まだまだ検証中ですが
精度が今後も上がっていけば
訪問者の検索ワードに近い
関連記事も表示されるのでは?

と思っています。

まだまだ分からない所が多いので今後も検証が必要ですが、自分のアカウントでも有効化された場合にはさっそく取り入れていきましょう!

関連コンテンツ自体、Googleがまだ試験的に公開しているものなので、今後どんな感じに機能が拡張されていくかにも期待です。

関連コンテンツ実装後、数週間で収益化が可能に!

関連コンテンツを使い始めた直後は、自分のブログ内の関連記事がユニットに表示されるだけでした。

しかし、掲載からしばらく経過してアドセンスの管理画面を開いたある日、関連コンテンツを収益化できる通知が届いていました。

広告が表示できた事によって、ようやく本来のアドセンス広告のようにクリックで報酬が発生される広告になったということになりますね。

また、収益化できるようにするためにも何らかの基準が設定されているようで、特定の条件を満たす必要があるようです。

例)関連コンテンツ(広告なしバージョン)

2016-11-13_16h56_21

関連コンテンツが許可された第一段階目の広告は、このように関連記事のみが表示できるユニットになっています。

特定の条件を満たすと、右の「広告オプション」の部分に「広告で収益化」というボタンが表示され、収益化の選択ができるようになります。

例)関連コンテンツ(広告ありバージョン)

2016-11-13_165517

こちらが広告が表示できるようになったタイプの関連コンテンツですね。

このようにボタンが表示され、関連コンテンツ内のユニットにクリック課金型の広告を表示できるようになります。

現時点ではこの状態を第二段階、という呼び方にしています!

また、アドセンスの旧管理画面で確認すると、こちらの収益化ボタンに「ベータ版」と表示されているので、まだ試験的に運用している広告であることがわかりますね。

2016-11-13_170621

広告が出現する基準は?

広告が出現する条件ですが、これについても本当のところはGoogleのみぞ知るところになります。

参考程度ですが、私が掲載許可を受けた時のブログの状態については

  • 毎日のページビューが2~6万PVぐらい(約19500アクセス)
  • 記事数が500記事を突破
  • 関連コンテンツのユニット掲載をした約三週間後
  • 設置場所はトップページの上部と各記事の記事下広告の下部分

といった感じで、収益化ができるようになった際にもアドセンス管理画面には通知が届いていました。

明確な基準はありませんが、ある程度の運営期間と規模は必要だと思いますし、訪問者が満足できるブログになるように普段から作り込んでいく必要があるのでは、と思いますね。

まとめ

関連コンテンツについての紹介をしましたが、まだまだ未知の部分が多く、検証が必要だと思います。

また、関連コンテンツのユニットの目的は、Google側でも説明がありますが

「訪問者の満足度を上げるためのもの」

になります。

広告を入れて収益化できることも魅力的ですが、まずは関連コンテンツを掲載するにふさわしいサイト作りをすることが何よりの近道かなと思います。

訪問者が満足できて、アクセスをグングン伸ばして効果的に収益化できるブログの作り方については私のメルマガでも紹介していますので、興味のある方はぜひ下のフォームからチェックしてみてください!

(※完全無料で、いつでも解除できます)

まっしー運営の”メルマガ作戦会議室”の詳細はこちら↓


1ミリでもこの記事が好きになった・お役に立てた場合には、シェアボタンを押して頂けると大変励みになります!

こちらのSNSでも活動しています!

コメント

  1. 篠田 より:

    はじめまして、関連コンテンツの条件が何かを?調べてたどりつきました。
    私の場合、月PV3万 記事数100程度で使えるようになったサイトがあります。
    謎ですね・・このサイトは中古ドメインを取得してから数記事入れてほぼ放置していて6年くらいたっているのが何か影響しているのかもしれません。このサイトのアド報酬は月3万程度です。 条件がわかればいいのですが・・よくわからないですね・・

    関連コンテはPVも収益もあがるので使いたいのですが・・謎ですね

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

トップへ戻る