ブログでライター外注化をして自動で記事を増やし続ける方法

こんにちは。massyです。

外注化の仕組みを理解しておくと、
短時間で稼げるブログを作り上げることができます。

自分が仕事をしている間はもちろん、
寝ている時も・遊んでいる時も記事が増えていくので
時間の節約が可能になります。

また、特定の分野の知識が必要な記事を用意したい場合にも外注化は有効です。

いいとこずくめの外注化。ぜひマスターしてみたくありませんか?

外注化の魅力

外注化にはたくさんのメリットがあり、

  • 自分で記事を書かなくても記事が量産される
  • 時間を節約できる、他のことに使える
  • 専門知識の必要なジャンルにも対応できる

という点があります。

正しい方法で外注化を実践できれば自動で稼げる仕組みをつくることができるでしょう。

マニュアルの作成や募集など、
最初の仕組みづくりに時間はかかりますが
優秀な作業者を用意できれば
かなり有効な手段です。

外注化を始めるには?

ブログ記事を書く外注さんを集める場合、いくつかの方法があります。

基本的には以下の方法や場所を使って集めていくことができます。

  • 外注募集サイト
  • コワーキングスペース
  • シェアハウス
  • メルマガ
  • SNS
  • 友人・家族

では、順番に解説していってみましょう!

外注募集サイト

ほとんどの場合、仕事をすることを前提とした人が集まる外注募集サイトを使うことになります。

常時何万名ものメンバーが登録されており、初心者からベテランさんまで多くのライターやデザイナー、プログラマーなどが在籍しています。

中には初心者でも優秀な人がいるので、最初に外注化をかけるときには狙い目であったりもしますね。

また、募集サイトには主に以下のようなものがあります。

  • クラウドワークス
  • シュフティ
  • ランサーズ
  • Shinobiライティング

このあたりのサイトを網羅しておけば、
まず人が集まらないという事はないでしょう。

特徴として、クラウドワークスやランサーズは業界最大手の規模、シュフティは主婦の方が多く在籍、Shinobiライティングは低単価で記事を書いてもらいやすいという特徴があります。

コワーキングスペース・シェアハウス

コワーキングスペースやシェアハウスでは、自分のビジネスを持っていたり、またはビジネスに興味のある人が集まりやすいこともあります。

「記事を書くパートナーをやってみない?」と声をかけると意外に興味を示してもらえる場合が多いですね。

意欲のある相手に直接指導をすることができれば、自分のライティングの指導能力を上げるためには絶好のチャンス。

他人の育て方などを身につけるには
かなり効果的な方法でしょう。

メルマガ・SNS

また、自分がメルマガやSNS・リードメールなどの媒体を使えるのであれば、閲覧している人に向けて記事作成の案件を募集する、または「ブログの記事の添削指導をお金をもらいながらやってみませんか?」という提案をすることで集めることもできます。

ただし、SNSの読者さんであればそこまで濃い関係を築けない可能性もあるので相手に離れられやすいデメリットがあります。

メルマガの読者さんの方も同様、どれだけこちらの発信している情報や人間性に興味があるかによって大きく別れるでしょう。

友人・家族

友人や家族でも記事を書くだけでお金がもらえるのならやってみたい、と答える可能性が高いので声を掛けてみる価値はあります。

パートやアルバイトに出かけたいけど都合があって家を空けられない、という方にとってパソコン1台で稼げる方法は魅力的な提案でもありますね。

自分の指導能力を磨くチャンスでもあるので、
まずは協力を要請してみましょう。

まとめ

外注化で記事を書いてもらう方法はいろいろありますが、自分の指導能力を上げたり、効率化して指導をするための練習も兼ねると上手く行きやすいです。

人を雇うという貴重な体験が
会社を作らなくてもできるので
外注化は非常に勉強になるでしょう。

難しい記事を代わりに書き上げてもらい、
あとはこちらで改行や行間など細かいところを
修正する、という場合にも有効な方法です。

もしも記事を増やしたいけど自分の時間がない、または自分では時間がかかりすぎるという場合には外注化を検討してみるといいですね。

ダメリーマン今 一郎がゼロから月収10万円→100万円稼ぐストーリー

この記事がゴミだと思ったら下に進んでください。ただ、もしも1ミリでもこの記事がお役に立てた場合には、シェアボタンを押して頂けると大変励みになります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらのSNSでも活動しています!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

トップへ戻る