クラウドワークスへの登録方法と初期設定・募集文と発注のやり方

1ミリでもこの記事が好きになった・お役に立てた場合には、シェアボタンを押して頂けると大変励みになります!

こんにちは。massyです。

外注化をして、記事作成をするパートナーさんを集めることができれば1日で効率的に記事を増やすことができるようになります。

外注化の方法と手順が理解できたら、
次は実践に移っていきましょう。

今回は外注サイトの中でも特にメジャーであるクラウドワークスでの登録方法からプロフィールの初期設定、ライターさんへの発注のやり方などについて一通り解説していきます。

クラウドワークスとは?登録手順を紹介

クラウドワークスとは
ネットで仕事をしてくれる人と人をつなぐ
いわば仕事の案内所です。

そういったサービス全般のことをクラウドソーシングと指しますが、自分にあった外注さんを見つけてお仕事を依頼することができるようになります。

このサイトに登録しておけば、
外注さんをすぐに募集できるようになるので
登録だけでも済ませてしまいましょう。

では、手順を紹介していきます。

1.クラウドワークスへ登録する

クラウドワークスのサイトへアクセスします。

届いてきたメールから必要情報を入力し、
本登録を済ませます。

2.プロフィールを入力する

プロフィールを入力していきます。

入力内容は必要最低限の情報でもいいのですが、応募で集まってくる人数を増やすためにも、なるべく情報を充実させましょう。

特に、本人登録をしておくと信頼感がアップし案件への募集率が上がります。

あとはプロフィール画像も自分のものを用意し、
自己紹介の内容も入れていきます。

3.募集をかける

プロフィールを一通り入力したら、
ログインをすればいつでもお仕事を募集できる状態になります。

実際に募集文を入力して発注をかけることになりますが、
相手が応募して、こちらが契約を結ばなければ料金は発生しません。

なので、まずは簡単に募集のやり方を実践してみましょう。

募集文の構成は相手が応募しない理由を消す

外注さんの募集を集めるときには、とにかくお返事や提案をもらう必要があります。

そのためには以下のポイントが必要となってくるので、
募集文を作成する場合には意識していきましょう。

最初は興味・下に行くほど細かく

募集文の構成は、最初に興味性を押していきます。

  • 在宅ワークで月収10万円!
  • 継続で更に昇給あり!
  • 好きな記事を楽しみながら書いてみませんか?
  • あなたの好きな○○を仕事にしてみませんか?

といった形で、
実際のお仕事の魅せ方を工夫します。

相手にとって興味を引きそうな言葉を仕込んでいき、ライターさんの募集であれば上のような興味性を盛り込んで行きましょう。

お手軽さの演出

お仕事が難しく感じられてしまうと募集率が下がる原因となります。

まずはお手軽感を出すためにも、相手にとっての仕事の負担感を減らしていってあげましょう。

  • 仕事の内容や流れの説明
  • 作業マニュアルがあることの説明
  • できれば動画マニュアルを用意する
  • 気軽に質問できる環境がある

また、これらの要素を募集文にも含めていき、

「これは簡単な仕事なんだ」
「何かあっても質問できるんだ」

という印象をもってもらうことが募集率アップのカギとなります。

基本的には相手にとってとっつきやすい印象を与えるようにすれば、募集率は高まる傾向にありますね。

割に合う感の演出

いくら仕事内容が良くても、明らかに割に合わない報酬であれば募集は集まりません。

かと言って1記事に数千円も書けてしまっていたのでは大変ですよね。

なので、相手にとって有利な条件を提示する、
または募集の時点でわかりやすくする方法をとります。

たとえば1記事いくら、という報酬の決め方だけでなく

「1万アクセス集まったら手当てとして○○円支給」
「毎日記事納品をしてくれたら手当てとして○円支給」

といった形で、発注側にもメリットのある条件を用意すると反応や募集が高まります。

読んだ後に行動してもらう

外注募集文は、読んでもらうだけでは意味がありません。笑

最終的に募集を集めてお仕事をしてもらえるように
ひと押しの工夫をしていきましょう。

基本としてやっておくべきなのは、

「応募用しやすいようにフォーマットを用意する」

という所ですね。

応募時にはこれらのフォーマットにご記入の上、メッセージをお願いします。

  • お名前
  • ライティングの実績
  • 一日の作業できる時間
  • 意気込み

募集文の1番最後に、こういった形で外注さんから応募のメッセ―ジを送る場合に何を書けばいいのかをわかりやすくすると応募率が高まります。

こちらから何も指示せず相手からのメッセージを待ってもいいですが、こちらが用意しておくことで事前に知っておきたい内容を性格に把握しやすくなりますからね。

まとめ

外注募集文の書き方についてのまとめをしていきました。

クラウドワークス以外にも外注さんを募集するサイトはありますが、おおむねどのサイトも同じ流れでお仕事を依頼していきます。

募集文は効果的な採用のために重要な部分です。

  • まずは興味を引く
  • しっかりとした人に来てもらえる工夫をする

といった事に念頭を置いて採用を進めていきましょう。

関連記事 → 外注募集で優秀な人に来てもらう方法

まっしー運営の”メルマガ作戦会議室”の詳細はこちら↓


1ミリでもこの記事が好きになった・お役に立てた場合には、シェアボタンを押して頂けると大変励みになります!

こちらのSNSでも活動しています!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

トップへ戻る