アクセスをグングン集めるライティングの考え方

こんにちは。まっしーです。

さっき、こんなメールが届きました。

=============

『検索したい事をキーワードに入れる発想が
今までにはまったくなかったです…!
いかに自分が自己満足手法に陥ってたのか分かりました』

=============

『今晩さっそくネタを探してみたら

◯◯ ■■

というキーワードは検索需要があるのではないか?

と思いましたし、他の人も検索しそうだと思ったので
ぜひチャレンジしてみたいと思います!』

=============

こういうメッセージをいただくとつい嬉しくなりますし、

「難しがらずまずはやってみます」

みたいな前向きな反応を貰えるとコンテンツをって本当に心から思います!

もしもまだメール送れてないな、って方は気軽にメッセージを送ってくださいね。

(ただ、誰なのか覚えたいのでお名前と自己紹介ももらえたら嬉しいです)

記事を書くと、アクセスは集まらないな、って状況も増えて来ると思います。

ブログで稼ぐにはネタが大事という事はサバカツでも話していますが、ネタの次の課題となるであろう

【文章の書き方】

も気になると思います。メッセージを送ってくれた方も次はそこが難しいですね、と言われていました。

ということで、

今日は私がメルマガ1通目でお話していた大きく稼げるようになったもう一つのキッカケでもある

「アクセスの集まるブログ記事の書き方」

をお話していきますね。

先日メールで話していた”ネタ”を理解して今日ライティングのことについて学べばブログで稼ぐこと自体はできます。

文章って慣れるまではニガテ意識もありますし大変だな、やだな、って思うかもしれません。

でも、単純に多くの人がやらないことにめちゃめちゃ価値がありますので頑張っていきましょう。

◆ブログ記事って何文字書いたらいいんですか?

私のもとにはブログを始めたメンバーからは

よくこの質問が来ます。

2014年頃の話しですが、私がブログを始めたころは、500~800文字ちゃちゃっと書いてブログにアップすれば1000~5000アクセスぐらいは簡単に集まる時代がありました。

ちょっと頑張って文章埋めたらはい終わり、みたいな。

小学校の宿題の漢字の書き取りみたいな時代も、正直ありました。

でも、

だいたい今の相場が2000~3000文字ぐらい書いたりブログのジャンル(転職とか)によっては1万文字近く頑張って記事を書く必要があります。

これは検索者の知りたい悩みの深さによって、より高い精度で検索結果を返せるようになった、検索エンジンが進化した時代の流れにもよりますね。

これを聞いて

『ブログやりたくなくなっちゃった』

って思いましたか?

自分が初心者の頃はこれを聞いて大変だな…って思った節もありました。

 

 

 

ただ、よく考えてみてください。

 

 

最低限の文字数を埋めたような中身の伴っていない記事を書いても、

知りたいことがわからなかったのなら果たして価値があるでしょうか?

 

 

それならしっかり中身のある記事が
ただ文字をズラッと並べた記事よりも劣り
正直者がバカを見るような感じになっちゃいます。

また、シンプルに悩みを解決できるのに
全然関係の無いことを1万文字書いても
まったく稼ぐことはできません。

ようは、検索してきた訪問者の求めている
情報を考えずに

  • どこかのサイトから引っ張ってきたような文章
  • キーワードに対して何の意味もない文章

とかを書いているブログには
なんの価値もないんですね。

「価値のないブログでもいいから量産して楽に稼げるツールとかが欲しい!」

と思うような場合には、私達のやり方とは相容れないノウハウなので、別の人のメルマガを読んだほうが良いと思います。

でも、そうは思わない。

自分は長く太く稼ぎ続けられるようなブログを学びたい!

という気持ちがあるのでしたら、今は正直者がバカを見ない時代にはなっているので、ぜひ頑張って学んでいきましょう。

 

ブログの記事の書き方は「検索意図」できまる

 

たとえば

「パソコン 選び方」

ってネタで記事を書いた場合をイメージしてみましょう。

選び方を知りたいということはこのワードで検索してくる人は初心者か、久しぶりに購入する知識の無い人だとイメージできませんか?

ならば、この記事にパソコンのスペックとか、数字ばかりでイメージしにくい情報をダダ-ッと書いてあってもわかりにくい。

「好きなのを買いましょう!」なんて

無責任で薄い内容も求められていないでしょう。

それならば、

  • パソコンを選ぶにはこういう所を見ましょう
  • 数字のスペックは、だいたいこれぐらいの数字を電気屋の店員さんに伝えればOKです
  • これらの目的で使うのであれば、それぞれこれらのパソコンがおすすめです
  • これらのパソコンをお買い得で、しかも新品保証つきで売ってる通販サイトはここです

みたいな一歩踏み込んだ情報が
わかりやすくまとめてあれば

「パソコン 選び方」

のネタの意図を満たした記事ができるし、実際に迷わずにパソコンを購入できると思いませんか?

 

「知りたいこと」に対しての情報提供を丁寧に行っていくことが、稼ぎの第一歩

 

一昔前の検索エンジンでは、

このあたりが判別できず

変なブログでもテクニックを駆使したら

上位表示させ稼ぐことができました。

でも、今はそんなブログは観る影もなくて、スマートに悩みや疑問を解決できる記事が評価されている傾向にあります。

つまり、

検索者の悩みを端的に解決することさえできれば文字数が少なくてもOKなんですね。

たとえばこの記事。

Windowsパソコンでファイルが消せないときの対処法

この「ファイル 消せない」って疑問はパソコンを使ったことがある人なら経験したことがあるはず。

この記事、大して文字数を書いていないのに現在までずっと検索で上位表示を取り続けることができています。(今の順位は変わってるかもしれませんが)

 

つまり!

 

 

文字数が少なかったとしても、ユーザー目線で知りたいことに対して、検索の意図を満たしていさえすれば、しっかり稼ぎ続けることができる、ということです。

 

 

つまり正直者がバカを見ない時代なので

一つ一つの記事を書く時には

『相手は何を求めているんだろう?』

と、考えるクセをつけて、ネタを考えたり

ライティングをしていってくださいね。

 

 

[speech_bubble type=”ln-flat” subtype=”L1″ icon=”34.png” name=”まっしー”]

【あるネタに対して疑問を持った人が、知りたいと思うことを書くこと】

[/speech_bubble]

 

これができれば検索されアクセスが集まり
稼ぎつづけるブログも作ることができます。

この積み重ねをしてもらうことが
月収10万円~100万円達成者を
生み出してきた大元にある考え方ですね。

ということで、前置きが長くなりました。

今日のミッションは、記事の書き方について
解説する動画セミナーを用意したので
こちらからチェックしてみてください。

 

ワードプレスの記事の書き方とビジュアルモード機能の基本的な使い方

※音量注意!

「なんだ」と思う動画かもしれませんが稼いでる方ほど本当に繰り返し動画を見て何度何度も練習しています。

わざわざMP3に変換して、スマホに入れて家事や育児、ランニングの合間とかにも聞いてくださる方もいますね。

中には仕事が暇すぎるのでデスクワークで記事書きながら動画観てます、って方もいます。
(それが良いか悪いかはさておき笑)

また、感想や質問などあれば、今後のメルマガに反映していきますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました